住みよさランキング「富裕度」1位の都市は?

安心度・利便度など5部門別最新順位を公開

「住居水準充実度」は氷見市がトップに浮上

住居のゆとりや持ち家比率を示す「住居水準充実度」は、今回採用2指標のうち、「持ち家世帯比率」で使用するデータを「2013年住宅・土地統計調査」から「2015年国勢調査」に切り替えた。それにより、順位に変動が見られた。今年1位となったのは氷見市(富山)。富山県の西北部、ちょうど能登半島の東側つけ根部分にあたる位置で、市の西側は石川県と接している。人口は約4.8万人(2015年国勢調査)。昨年2位から1位に浮上した。採用指標の「住宅延べ床面積(1住宅当たり)」が全国1位、「持ち家世帯比率」が全国2位となった。

一方、昨年まで7回連続で1位だった珠洲市(石川)は2位に後退した。能登半島の先端部分に位置する人口約1.4万人(2015年国勢調査)の都市。採用指標の「住宅延べ床面積(1住宅当たり)」は昨年と変わらず全国1位だったが、「持ち家世帯比率」が昨年全国1位から今年3位に下がったことが影響した。

3位は尾花沢市(山形)。山形県の北東部に位置し、仙台市とも隣接している。人口約1.6万人(2015年国勢調査)。昨年5位から順位を2つ上げ、トップ3入りを果たした。採用指標の「持ち家世帯比率」が昨年7位から今年4位に上がったことが影響した。

「住居水準充実度」は北陸や東北・中部地方の日本海側に位置する都市が上位に並んでいる。これらの地域では、基幹産業である農業に従事しながら、代々受け継いだ造りの大きい屋敷で暮らしている世帯が多いことが背景にあると考えられる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT