住みよさランキング「富裕度」1位の都市は?

安心度・利便度など5部門別最新順位を公開

「利便度」は野々市市が6年連続トップ

主に買い物の利便性を示す「利便度」は、採用2指標のうち「小売業年間販売額(人口当たり)」の年次更新がないため、上位に目立った変動がない。今年もまた野々市市(石川)が1位となった。金沢市の南部に隣接するベッドタウン。人口は約5.5万人(2015年国勢調査)。市内には2つの四年制大学が所在し、若い世代の住民が多い。「小売業年間販売額(人口当たり)」と「大型小売店店舗面積(人口当たり)」の両指標ともに全国1位となった。

続く新宮市(和歌山)も昨年に引き続き2位。紀伊半島の東南部に位置し、三重・奈良両県に接している。人口は約2.9万人(2015年国勢調査)。和歌山を地盤に近畿・中部地方で展開する東証1部上場のスーパー「オークワ」の発祥の地で、「大型小売店店舗面積(人口当たり)」が全国1位だ。

3位は総合ランキングで1位の印西市(千葉)が昨年に引き続き3位に入った。印西市も「大型小売店店舗面積(人口当たり)」が全国1位である。

次ページ続いて「快適度」トップ30
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 就職四季報プラスワン
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT