住みよさランキング「富裕度」1位の都市は?

安心度・利便度など5部門別最新順位を公開

「快適度」は東松島市が昨年6位からトップへ浮上

居住環境の整備具合などを示す「快適度」は、東松島市(宮城)が昨年6位から今年1位に浮上した。仙台市と石巻市の間に位置し、仙台市から北東30kmの距離。石巻市と隣接している。人口は約3.9万人(2015年国勢調査)。「都市公園面積(人口当たり)」と「新設住宅着工戸数(世帯当たり)」の2指標は昨年に引き続き全国1位。今年は、「汚水処理人口普及率」が昨年431位から今年363位に、「転入・転出人口比率」が昨年391位から今年173位とそれぞれ上昇したことが寄与し、1位に浮上した。

2位は総合ランキング3位の長久手市(愛知)。2012年1月に市に昇格。住みよさランキングに初めて登場したのが2012年のランキングからとなるが、そのときから昨年まで当部門5回連続1位だった。初登場以来続いていた連続1位の記録が今回で途絶えた。「転入・転出人口比率」は昨年に引き続き1位だったが、「新設住宅着工戸数(世帯当たり)」が昨年1位から今年39位に下がったのが影響した。

3位は福津市(福岡)。北九州市と福岡市の両政令市の中間に位置する。人口は約5.8万人(2015年国勢調査)。昨年2位から順位を1つ下げた。「転入・転出人口比率」「新設住宅着工戸数(世帯当たり)」の2指標が1位。偏差値は昨年より上昇しているが、1位の東松島市に追い抜かれる格好で今年3位に後退した。

次ページ最後は「住居水準充実度」トップ30
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT