儲かる投資信託が埋もれてしまう日本のナゾ

人気ランキングは必ずしもあてにならない

ファンドアナリストがオススメする商品は?(写真:Tzido / PIXTA)
日本では、「本当に儲かる投資信託」の商品が埋もれてしまっている――。そう指摘するのは、投資信託分析のプロとして活躍する楽天証券経済研究所ファンドアナリストの篠田尚子氏。
『本当にお金が増える投資信託は、この10本です。』を刊行した篠田氏に、なぜ、日本では「本当に儲かる投資信託」が埋もれてしまったのか、また本当に正しい投資信託の選び方について解説していただきます。

日本に「投資信託分析のプロ」はほとんどいない

日本の金融業界は、歴史的な経緯から証券会社や銀行などの販売会社の力が強い傾向にあります。そのため、特定の販売会社のためにつくられた金融商品も多く、投資信託も、実はその例外ではありません。証券会社や銀行は、自分たちが売りたいファンド(商品)を売っていれば、十分にビジネスが成り立っていました。投資家側も、日頃から付き合いのある金融機関が販売するファンドであれば間違いないと、薦められるがままに投資信託を購入していたというのが実態です。

日本では、販売会社主導の閉ざされた業界慣習が、投資信託の専門家の育成を阻んできたといっても過言ではありません。現在、6000本超まで膨れ上がった日本の投資信託を日頃から分析し、自信を持って「本当に優れたファンド」を提案できる専門家はほぼ存在せず、結果的に知識の浅さゆえ、横並びにならざるをえない(自称)専門家の「オススメ投資信託」が乱立する事態となってしまったのです。

世間には、投資信託に関して多くの誤解があるように思います。その典型例が「人気ランキング」や「値上がり率ランキング」などを見て安易に投資信託の良しあしを判断してしまう「ランキング信仰」です。「売れている投資信託」が「優れている投資信託」であるとは限りません。現に、「投資信託の人気ランキング(売り上げランキング)」には、「毎月分配型」のように問題のある商品が含まれていることが多いのです。

次ページ「インデックス型がベスト」という風潮に異議あり!
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。