おカネは「人生100年時代」にいくら必要か

日本の人口減少に悲観的になる必要はない

人生100年時代。いくら貯めればいいのかは、計算すればすぐにわかる(写真:photomai/PIXTA)

有効求人倍率がついにバブル期を超えた!

この連載の記事はこちら

4月の有効求人倍率が1.48倍となり、バブル期のピーク1.46倍(1990年7月)を上回ったという。いわゆる非正規労働の求人が増えて、内容的に直接比べていいものか、という比較の問題はあるとしても、求職者側の立場が改善していることはいいことだ。

学生の求職活動のシーズンであり、東京の街中にはリクルート・スーツの学生さんを多く見かける。昨年まで、大学(埼玉県の獨協大学)で授業をしていた身としては、学生の就職状況が改善したことが嬉しい。数年前の、就職状況が悪い時期は、学生には就職に向けて悲壮感と圧迫感があった。せっかく大学を出た若者に、働き口がないというのは、何ともやるせない。

もっとも、「バブル期」との比較でいうと、1990年前後のいわゆるバブル期に多くの企業が「大量採用」を行ったのだが、その時に採用された社員達のその後の評判は総じて宜しくない。「バブル採用組」として、“大量に採ったために、質の下がった集団”として語られることが多い。もちろん、どの年代でも人材の質は玉石混淆であって、年代で人材の質を語ることは不正確なのだが、さて、近年採用された世代は、将来どのような評価を受けるのだろうか。悪評を得ることのないように頑張って欲しい。

そもそも、この時期に就職した集団が後にどう呼ばれるのかが少々興味深い。「アベノミクス採用組」とでも呼ばれるのだろうか。就職状況の改善は、アベノミクスの大きな成果だといっていいだろう。

そのアベノミクスの大きな目的の1つである物価を見ると、消費者物価指数(4月)で対前年比0.3%と、目標の「2%!」にはまだまだ遠いが、緩やかだが上昇傾向にある。

次ページとはいえ、日本の人口は減少中。悪影響はないのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT