おカネは「人生100年時代」にいくら必要か

日本の人口減少に悲観的になる必要はない

GⅠレースの連続が先週の安田記念で途絶えて、今週はエプソムカップ(東京競馬場6月11日11R、GⅢ)だ。エプソムカップは、府中の芝1800メートルで行われる古馬の別定重量戦であり、それなりの実力がないと勝てないレースだが、歴代の勝ち馬を見ると「GIクラス」になりきれなかった馬達の名前が並んでいる。

サラリーマンに喩えるなら、社長になれなかった「中途半端な大物」たちの戦いの場であり、子会社の社長争いのようなレースだ。証券会社で言うなら、本社の社長になり損ねた役員が、投信運用会社の社長を狙うようなイメージだ。

エプソムカップの本命はアストラエンブレム

さて、アストラエンブレムを本命に推す。メンバー的に、上位人気馬は、同じコースで行われたメイステークス(5月20日)の再戦だ。斤量、着差、展開を考えると、1着だったタイセイサミットよりも、2着のアストラエンブレム(斤量56.5キログラム、タイセイサミット54キログラムはスローペースの逃げ)のほうを高く評価したい。今回は、同じ56キログラム負担だ。鞍上もM・デムーロ騎手だ。人気になるかもしれないが、仕方がない。

対抗は、メイステークスはトップハンデの57.5キログラムで3着に来たクラリティスカイだ。マイルまでしか勝鞍が無いが、NHKマイルカップ勝ちがあるGⅠ馬だ。前週の安田記念は、短距離系の馬に合う速い馬場だった。似た馬場なら1ハロン(200メートル)延長に十分耐えるのではないか。

サトノアラジンが勝った安田記念の掲示板。クビが4つ。一昔前の外資系証券のようだ(筆者撮影)

実は、先日の安田記念(6月4日)は、東京競馬場で観戦した。写真は、1400メートルがベストのイメージだったサトノアラジンが勝った安田記念の掲示板だ。着差が「クビ、クビ、クビ、クビ」と4つ並んで、まるで一昔前の外資系証券会社のようだ。

単穴には、この距離で重賞勝ち(チャレンジカップ)があるマイネルハニーを、以下押さえに、タイセイサミット、前走で速い上がりを使った8歳馬ヒストリカルまで。

馬券的には、力の割に人気になりにくい「マイネル」系の馬の複勝でも狙ってみるのが渋くていいかも知れない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。