バフェットに学ぶ、儲かる投資「7つの視点」

86歳で「読書」や「企業研究」に1日6時間

株主総会恒例のイベント「新聞投げ」の準備をするバフェット氏(筆者撮影)
世界一の投資家であるウォーレン・バフェットが率いるバークシャー・ハサウェイの52回目の株主総会が終わった(5月6日、ネブラスカ州オマハ)。国際的なアナリストで、現在は独立系資産運用アドバイザーの尾藤峰男氏が今年も同総会をレポート。個人投資家が学ぶべき「7つの視点」をお届けする(本文中敬称略)。

個人投資家にも役立つ「7つの視点」

バークシャー・ハサウェイの株主総会には「投資の成功の秘訣や人生の最も充実した生き方」を聞こうと、世界中からなんと約4万人が集まる。86歳のバフェット、60年来のパートナーである93歳のチャーリー・マンガーが、5時間以上にわたり株主からの60もの質問にぶっつけ本番で答える様子は、世界のどの株主総会でも見られない光景だ。

私が参加したのは今回が4回目だが、2人の言葉は「身に染み入るように」入ってくるから不思議だ。ほかの参加者もみんな顔がほころんでおり、生き生きしているのがわかる。今回は総会での60の質疑の中から、個人投資家にも役立つ「7つの視点」を紹介しよう。

1.経営者に最も求められる資質とは何か?

「経営者として、資本をどこにどう投下するか(Capital Allocation)の決定は非常に重要な役割だ。これが最も求められる経営者の資質といってよい。バイオリン奏者がいきなりカーネギーホールで指揮者になってタクトを振るのが難しいように、マネーマインドを持ったプロの経営者が求められる」。バフェットをしてこう言わしめるのだから、「日本企業の経営者は何をか言わんや」だ。日本の経営者が最も心して聞くべき話である。投資家も、バフェットの言うようなプロの経営者がいる企業に着目したい。

次ページバフェットが考える「正しい買収」とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT