カリフォルニアで犬同伴OK企業が増えた理由

生産性を上げストレスを和らげる効果

 6月7日、米カリフォルニア州のテクノロジー企業の間で、飼い犬を職場に連れてくることを奨励する動きが出ている。生産性を上げ、ストレスを和らげ、職場の環境を良くするからだという。写真はGumGum社で1日撮影(2017年 ロイター/Lucy Nicholson)

[ロサンゼルス 7日 ロイター] - 米カリフォルニア州のテクノロジー企業の間で、飼い犬を職場に連れてくることを奨励する動きが出ている。生産性を上げ、ストレスを和らげ、職場の環境を良くするからだという。

ロサンゼルスのサンタモニカとベニスビーチに囲まれた「シリコンビーチ」と呼ばれる一帯では、特に犬に好意的だ。

人工知能分野のネット技術を手掛けるGumGum社では、犬は鎮静効果があるとして歓迎されている。ある従業員は「ここはストレスが強い。とてもハイペースな環境だ。犬はその緊張を和らげる」と話す。

犬が苦手な社員にも配慮

ただ、犬が苦手という人もいる。同社では、犬から隔離されたオフィススペースも確保している。

女性の服やアクセサリーの転売サイトを運営するTradesy社でも、職場での飼い犬同伴を奨励している。さまざまな犬種が会議に同席したり、机の下にいたり、膝に乗せて仕事をする女性もいる。

同社の最高経営責任者(CEO)は、犬同伴の容認は従業員、雇い主どちらにもメリットがあるという。「犬を連れてくる従業員は、犬が会社にいると安心して長時間働くことができる」と話した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。