カリフォルニアで犬同伴OK企業が増えた理由

生産性を上げストレスを和らげる効果

 6月7日、米カリフォルニア州のテクノロジー企業の間で、飼い犬を職場に連れてくることを奨励する動きが出ている。生産性を上げ、ストレスを和らげ、職場の環境を良くするからだという。写真はGumGum社で1日撮影(2017年 ロイター/Lucy Nicholson)

[ロサンゼルス 7日 ロイター] - 米カリフォルニア州のテクノロジー企業の間で、飼い犬を職場に連れてくることを奨励する動きが出ている。生産性を上げ、ストレスを和らげ、職場の環境を良くするからだという。

ロサンゼルスのサンタモニカとベニスビーチに囲まれた「シリコンビーチ」と呼ばれる一帯では、特に犬に好意的だ。

人工知能分野のネット技術を手掛けるGumGum社では、犬は鎮静効果があるとして歓迎されている。ある従業員は「ここはストレスが強い。とてもハイペースな環境だ。犬はその緊張を和らげる」と話す。

犬が苦手な社員にも配慮

ただ、犬が苦手という人もいる。同社では、犬から隔離されたオフィススペースも確保している。

女性の服やアクセサリーの転売サイトを運営するTradesy社でも、職場での飼い犬同伴を奨励している。さまざまな犬種が会議に同席したり、机の下にいたり、膝に乗せて仕事をする女性もいる。

同社の最高経営責任者(CEO)は、犬同伴の容認は従業員、雇い主どちらにもメリットがあるという。「犬を連れてくる従業員は、犬が会社にいると安心して長時間働くことができる」と話した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT