カリフォルニアで犬同伴OK企業が増えた理由

生産性を上げストレスを和らげる効果

 6月7日、米カリフォルニア州のテクノロジー企業の間で、飼い犬を職場に連れてくることを奨励する動きが出ている。生産性を上げ、ストレスを和らげ、職場の環境を良くするからだという。写真はGumGum社で1日撮影(2017年 ロイター/Lucy Nicholson)

[ロサンゼルス 7日 ロイター] - 米カリフォルニア州のテクノロジー企業の間で、飼い犬を職場に連れてくることを奨励する動きが出ている。生産性を上げ、ストレスを和らげ、職場の環境を良くするからだという。

ロサンゼルスのサンタモニカとベニスビーチに囲まれた「シリコンビーチ」と呼ばれる一帯では、特に犬に好意的だ。

人工知能分野のネット技術を手掛けるGumGum社では、犬は鎮静効果があるとして歓迎されている。ある従業員は「ここはストレスが強い。とてもハイペースな環境だ。犬はその緊張を和らげる」と話す。

犬が苦手な社員にも配慮

ただ、犬が苦手という人もいる。同社では、犬から隔離されたオフィススペースも確保している。

女性の服やアクセサリーの転売サイトを運営するTradesy社でも、職場での飼い犬同伴を奨励している。さまざまな犬種が会議に同席したり、机の下にいたり、膝に乗せて仕事をする女性もいる。

同社の最高経営責任者(CEO)は、犬同伴の容認は従業員、雇い主どちらにもメリットがあるという。「犬を連れてくる従業員は、犬が会社にいると安心して長時間働くことができる」と話した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT