これが「屋根も壁もない寝室」で眠るホテルだ

スイスのアルプスに登場

6月7日、スイスのザンクトガレンに近いアッペンツェル州の丘陵に9日オープンする「ゼロ・スター」ホテルでは、遮るもののない壮大な景色が広がる丘陵に作られた、屋根も壁もないベッドルームに泊まることができる。写真は1日撮影(2017年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[チューリヒ 7日 ロイター] - スイスのザンクトガレンに近いアッペンツェル州の丘陵に9日オープンする「ゼロ・スター」ホテルでは、遮るもののない壮大な景色が広がる丘陵に作られた、屋根も壁もないベッドルームに泊まることができる。

一泊295スイスフラン(約3.3万円)で、ダブルベッドが用意され、ウェルカムドリンクや朝食、執事のサービスが付く。

バスルームは歩いて3分のアルプスの山小屋にあり、ここは、悪天候の時に備えて用意された場所でもある。

このホテルは、コンセプチュアル・アートの芸術家、フランクとパトリックのリクリン兄弟が、パートナーの協力を得て実現したもの。豊かな国の星付きラグジャリーリゾートでみられるような、伝統的なおもてなしのアプローチを打破することが目的だという。「われわれの芸術的視点は別の方向にある。ラグジャリーの意味をあらためて定義する自由がここにはある」とフランクさんは話した。

米国、オーストラリア、イラク、アフリカなどからも問い合わせが殺到し、今年分の予約はほぼ埋まっているという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。