これが「屋根も壁もない寝室」で眠るホテルだ

スイスのアルプスに登場

6月7日、スイスのザンクトガレンに近いアッペンツェル州の丘陵に9日オープンする「ゼロ・スター」ホテルでは、遮るもののない壮大な景色が広がる丘陵に作られた、屋根も壁もないベッドルームに泊まることができる。写真は1日撮影(2017年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[チューリヒ 7日 ロイター] - スイスのザンクトガレンに近いアッペンツェル州の丘陵に9日オープンする「ゼロ・スター」ホテルでは、遮るもののない壮大な景色が広がる丘陵に作られた、屋根も壁もないベッドルームに泊まることができる。

一泊295スイスフラン(約3.3万円)で、ダブルベッドが用意され、ウェルカムドリンクや朝食、執事のサービスが付く。

バスルームは歩いて3分のアルプスの山小屋にあり、ここは、悪天候の時に備えて用意された場所でもある。

このホテルは、コンセプチュアル・アートの芸術家、フランクとパトリックのリクリン兄弟が、パートナーの協力を得て実現したもの。豊かな国の星付きラグジャリーリゾートでみられるような、伝統的なおもてなしのアプローチを打破することが目的だという。「われわれの芸術的視点は別の方向にある。ラグジャリーの意味をあらためて定義する自由がここにはある」とフランクさんは話した。

米国、オーストラリア、イラク、アフリカなどからも問い合わせが殺到し、今年分の予約はほぼ埋まっているという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ワインの常識10
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。