これが「屋根も壁もない寝室」で眠るホテルだ

スイスのアルプスに登場

6月7日、スイスのザンクトガレンに近いアッペンツェル州の丘陵に9日オープンする「ゼロ・スター」ホテルでは、遮るもののない壮大な景色が広がる丘陵に作られた、屋根も壁もないベッドルームに泊まることができる。写真は1日撮影(2017年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[チューリヒ 7日 ロイター] - スイスのザンクトガレンに近いアッペンツェル州の丘陵に9日オープンする「ゼロ・スター」ホテルでは、遮るもののない壮大な景色が広がる丘陵に作られた、屋根も壁もないベッドルームに泊まることができる。

一泊295スイスフラン(約3.3万円)で、ダブルベッドが用意され、ウェルカムドリンクや朝食、執事のサービスが付く。

バスルームは歩いて3分のアルプスの山小屋にあり、ここは、悪天候の時に備えて用意された場所でもある。

このホテルは、コンセプチュアル・アートの芸術家、フランクとパトリックのリクリン兄弟が、パートナーの協力を得て実現したもの。豊かな国の星付きラグジャリーリゾートでみられるような、伝統的なおもてなしのアプローチを打破することが目的だという。「われわれの芸術的視点は別の方向にある。ラグジャリーの意味をあらためて定義する自由がここにはある」とフランクさんは話した。

米国、オーストラリア、イラク、アフリカなどからも問い合わせが殺到し、今年分の予約はほぼ埋まっているという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。