あなたの会社で新規事業が実を結ばない理由

社内で案を出した挑戦者を萎えさせるな

社内の起案制度に乗っかって新規事業を起案してみることには、自身のビジネスマンとしての学びになること以外に大きく2つのメリットがあります。

結果的に今の仕事に活きることも

1つは、副業・兼業的な価値。副業や兼業を認めようか、という企業がチラホラ出てきています。副業や兼業をする社員が出てきた場合の企業から見たメリットの1つは、「目の前の仕事以外に別の仕事をしているビジネスマンは、複眼的に仕事を見ることができるようになり、結果的に今の仕事にも活きることがあるかもしれない」ということです。

ただ、労務管理や守秘義務のことを考えると、なかなか会社の外で別の仕事に就かせることには課題も多く、実現している会社は少ないです。安全性を担保しつつ、通常業務と並行して新規事業の検討をすることで同じ効果が得られると個人的には思っています。

もう1つ、こういった起案を社内異動のキッカケとする、ということがあります。すぐに事業化が承認されなくても、「あいつは〇〇のテーマに関心を持っている」「〇〇のことに詳しい」という「タグ」が人事データとして付くことで、社内でいつかそのような動きがあったときに抜擢に繋がることがあります。

新規事業はその会社にとって経験のない領域の模索なので、誰もがその領域の「社内第一人者」になれるのです。転職は、ビジネスマンにとって大きく可能性を広げると同時にリスクもあります。社内異動で新たな仕事に就くことは、企業人としてのある種の醍醐味でもあります。新規事業の提案制度への応募は、自身の可能性を広げます。制度のない会社の方は、新たに制度をつくることを検討するのも一手でしょう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT