シリア空爆の裏でトランプ氏がしていること

国際援助を大幅縮減する米国の前途

トランプ政権は猛烈な勢いで、国際援助費用の削減を進めようとしている(写真:Kevin Lamarque/ロイター)

猛毒サリンで自国民を攻撃したシリアのアサド大統領に対してドナルド・トランプ米大統領が取った行動は、悲劇的なほど矛盾している。罪のない子どもが神経ガスで殺害される画像に突き動かされ空爆の行動に出た、とトランプ大統領は語った。だが、同政権が後押しする予算案は、シリアを含む世界の人道問題を一段と悪化させるものだ。

トランプ大統領は国連拠出金の3割カットを掲げる。国際的な人道支援を弱体化させる行為だ。加えて、飢餓防止などの政府プログラムも撤廃する方針。米国務省はアサド政権によって家を追われた難民に対する緊急人道支援も廃止する予定だ。

支出削減するには最悪のタイミング

さらに国際開発庁の食糧計画の大幅縮減、ユニセフ(国連児童基金)拠出金の3分の1カット、国連世界食糧計画に対する20億ドルの拠出金削減も議題に上っている。

こうした支出削減を行うのに、今ほど悪いタイミングはない。国連は2011年以来、6年ぶりに飢饉(ききん)発生を宣言した。ナイジェリア、ソマリア、南スーダンなどで2000万人が飢餓に苦しんでいる。ユニセフ推計によれば、1400万人もの子供が重度の急性栄養失調で死の危険にさらされている。世界では近年、6500万人が自国を追われ、うち2300万人が難民となっている。

次ページ軍事行動だけでは問題は解決しない
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。