あなたの企画が「優れてるのに通らない」ワケ

3つのコツで劇的に認められやすくなる!

こうしたアジェンダは、それが明示されてから追いかけても後手を踏む可能性が高くなるので、1年後、2年後の自社の重要なアジェンダは何になるだろうかということを前倒しで想定しておくことが重要です。

そのためにも、常日頃から社内の情報が集まるようなネットワークをつくっておくことにも意識を向けたいものです。これは、単に自社のアジェンダを知る効果だけではなく、企画を通すうえでの根回しにつながることも少なくありません。

「根回し」はプラスの活動だと心得よう

「根回し」は日本ではややネガティブな意味合いで用いられることもありますが、本来は、単に当事者間の利害調整の意味合いだけではなく、「空気づくり」「社内の世論形成」にもつながるプラスの意味合いを持つ活動です。別の言葉でいえば「地ならし」です。独りよがりを避ける効果ももたらします。

企画は一時のものではありません。そうした根回しも行ったうえでタイミング良く企画を打ち出すことが、皆が「じゃあやろうか」という結果につながる可能性を高めるのです。

企画が通りづらい、あるいは企画をよりスムーズに通したいという方は、今回紹介した3点を意識されるだけで大きく結果は変わるはずです。ぜひ励行してみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。