あなたの企画が「優れてるのに通らない」ワケ

3つのコツで劇的に認められやすくなる!

こうしたアジェンダは、それが明示されてから追いかけても後手を踏む可能性が高くなるので、1年後、2年後の自社の重要なアジェンダは何になるだろうかということを前倒しで想定しておくことが重要です。

そのためにも、常日頃から社内の情報が集まるようなネットワークをつくっておくことにも意識を向けたいものです。これは、単に自社のアジェンダを知る効果だけではなく、企画を通すうえでの根回しにつながることも少なくありません。

「根回し」はプラスの活動だと心得よう

「根回し」は日本ではややネガティブな意味合いで用いられることもありますが、本来は、単に当事者間の利害調整の意味合いだけではなく、「空気づくり」「社内の世論形成」にもつながるプラスの意味合いを持つ活動です。別の言葉でいえば「地ならし」です。独りよがりを避ける効果ももたらします。

企画は一時のものではありません。そうした根回しも行ったうえでタイミング良く企画を打ち出すことが、皆が「じゃあやろうか」という結果につながる可能性を高めるのです。

企画が通りづらい、あるいは企画をよりスムーズに通したいという方は、今回紹介した3点を意識されるだけで大きく結果は変わるはずです。ぜひ励行してみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 離婚親の選択
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング