SMAPの商標権は「かつお節」にまで及んでいる

ジャニーズ事務所の知財戦略は何が凄いのか

稲穂:なぜジャニーズ事務所が、そこまで敏感になったのか。ジャニー喜多川さんは、終戦後のアメリカ在住時、現地に来る日本の芸能人の興行のお手伝いをしていました。その際、出演する芸能人の写真を会場で売ったところ、飛ぶように売れたそうです。そこで肖像がお金儲けになると認識した。実際にラジオ番組でご本人がそう話されています。肖像に関する権利に対する意識が強くなった原点は、アメリカでの経験にあるようです。

木本:なるほど。そこから始まっているんですね。

稲穂:権利意識が強い会社とか個人とかは、だいたい大きな失敗か成功の体験があって、他よりも意識が高くなっていく傾向にあると思いますね。

SNS時代のタブーとは?

木本:ロケをしていても、ジャニーズなど人気のアイドルやスターの写真が勝手に撮られて売買されるのはよくないと思うので、写真がNGなのはわかります。でも理由がふわっとしているというか、全体的に「タレント=写真撮ったらダメ」みたいな雰囲気なのはちょっとおかしいなと思うときもあります。ロケ時にスタッフさんが、「写真遠慮してください」と、芸人しかいない場合でも言ったりして。僕らの写真なんか誰も売らへんと思うんですが。

稲穂:どんな美男美女でも、撮り方によってはきれいに写らなかったりしますよね。スマホで素人が適当に撮った写真は、もしかしたら本人のイメージに合わないかもしれない。それが流布するのを防ぎたいという部分もあると思います。

木本:タレントイメージを守る側面ですね。それはわかります。

稲穂:今はなんでもすぐに拡散する怖い時代です。

木本:SNSが発達していますから、オンエア前のロケシーンをネットにアップされるのは確かにNGにしてもらいたい。

次ページ肖像権には2つの側面がある
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。