SMAPの商標権は「かつお節」にまで及んでいる

ジャニーズ事務所の知財戦略は何が凄いのか

ジャニーズ事務所の知財戦略は、他の事務所とどう違うのか?(撮影:梅谷秀司)
知的財産権について、専門家の稲穂健市さんに伺っています。最終回は、ジャニーズ事務所の知財戦略について。メリー喜多川さんがご自分で衣装を作っていた時代があったとか、ジャニー喜多川さんがアメリカで発見したビジネスチャンスとか、僕も知らない話がたくさんありました。

第1回:慶応義塾が「福澤諭吉」を商標登録できた理由
第2回:志村けんの「アイーン」を真似するのは違法?

メリー喜多川さんが取得した実用新案とは?

稲穂健市(いなほ けんいち)/東京都生まれ。横浜国立大学大学院工学研究科博士前期課程終了。大手電気機器メーカーにおいてソフトウエア関連発明の権利化業務、新規事業領域における企画推進などに従事。約7年にわたり、米国カリフォルニア州にある研究開発拠点の運営にもかかわる。弁理士、米国公認会計士。現在は東北大学特任准教授として仙台在住。科学技術ジャーナリストとしても活動し、稲森謙太郎の筆名による著書多数。『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)は本名による初めての著書(撮影:梅谷秀司)

木本:最終回の今回はジャニーズ事務所の「知財戦略」は何がすごいのかです。よろしくお願いします。

稲穂:まず、ジャニーズ事務所は実用新案権を持っていますね。

木本:実用新案権? それは何ですか。

稲穂:大ざっぱに言うと、特許ほどレベルが高くない、物品に対してちょっとした工夫を施した「小発明」に関する権利ですね。実用新案として特許庁に出願すると、形式的な要件を満たしていれば登録されます。その権利を主張したい場合には追加の手続きが必要となりますが、ライフサイクルが短い技術についてとりあえず権利を押さえておきたいときには有効です。

木本:ジャニーズ事務所はそれを持っていると。

稲穂:具体的には、メリー喜多川さんが考案した「早変わり舞台衣裳」というものです。最初のアイデアは、トシちゃん(田原俊彦)が入所した1976年に出願されています。その後、東日本大震災の発生した2011年に、さらに面ファスナーを付け加えたものが出願されています。

次ページジャニーズのおはこ、早変わり衣裳が登録されていた
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT