SMAPの商標権は「かつお節」にまで及んでいる

ジャニーズ事務所の知財戦略は何が凄いのか

木本: SMAPとつけた「かつお節」をジャニーズ事務所に無断で売ることができないわけですね。指定されている商品とは全然似ていない商品、たとえば「消しゴム」にSMAPなら大丈夫ですか?

稲穂:商標権侵害とはなりませんが、「SMAP」が周知・著名な商品等表示に該当すると判断できる場合は、不正競争行為として差し止めや損害賠償の対象となる可能性があります。

木本武宏(きもと たけひろ)/1971年大阪府生まれ。1990年木下隆行とお笑いコンビTKOを結成しツッコミを担当。2006年、東京へ本格的進出。S−1バトル優勝、キングオブコント総合3位などの受賞歴がある。レギュラー番組にTOKYO MXテレビ「ひるキュン!」水曜日MC。NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」にもコンビで出演中(撮影:梅谷秀司)

木本:見方が1つの方向からだけではないので、難しいですね。最近だと、任天堂のマリオカートの話が話題になりました。

稲穂:品川のレンタルカート会社「マリカー」をめぐる騒動ですね。この騒動でも複数の知的財産権が登場しています。まず、「マリカー」という社名でマリオそっくりの衣装を貸し出し、客がそれを着た映像をウェブなどに載せていたことから、任天堂は「マリカー」社の行為が著作権侵害で不正競争行為であるとして訴えを起こしています。それに先立って、任天堂は「マリカー」社の登録商標「マリカー」について異議を申し立てましたが、認められませんでした。マリオカートはみんな知っていますが、マリカーはマリオカートの略称としては一般には広く知られていないことなどから登録が維持されたのです。

木本:皮肉な話ですよね。マリカーのほうは確実に知名度が上がって、任天堂の思いとは逆の方向に行ってしまった。

稲穂:任天堂としては、あのビジネスがどうというよりも「スーパーマリオ」というブランドを守りたかったのだと思います。事故が起こったりしてイメージが悪くなるのを心配したのかなと思いますね。

ジャニーズ事務所が肖像権に目覚めた原点は?

木本:他にはジャニーズ事務所の知財戦略で特徴的なものはありますか。

稲穂:最もよく知られているのは、肖像に関するパブリシティ権についてのものですね。たとえば雑誌の表紙にジャニーズのタレントが載る場合、ネット上のサムネイルでは影絵になっています。なぜなら事務所が「肖像を出さないように」と強く要請しているからです。日本テレビ系の「ニュースゼロ」のホームページでも、他のキャスターの皆さんは写真が出ているのに、櫻井翔さんだけ灰色のシルエットになっています。キャスターというアイドルとは違う立場で出演しているにもかかわらず、です。それくらい所属タレントの肖像の管理を厳しく行っています。

木本:世間も暗黙の了解で、違和感を持たなくなったら勝ちですね。

次ページ写真に撮られない権利
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。