SMAPの商標権は「かつお節」にまで及んでいる

ジャニーズ事務所の知財戦略は何が凄いのか

稲穂:また、芸術的な建物や屋外にある彫刻の写真などでも、自分が撮ったものであっても「ブログに載せたら何かまずいんじゃないか」と思ったりする方もいるようですね。やたらと心配する人が増えているように感じます。

木本:確かに「よくわからないけど、ヤバそう」という意識はあるかもしれません。

稲穂:インターネットに権利侵害コンテンツが溢れる一方で、本来、許可など必要ないのに「許可を取っておいたほうがいいかも」という意識は明らかに強くなっているように思います。また、撮影禁止の場所もどんどん増えていますよね。

権利ばかり主張する社会は息苦しい

木本:焼き鳥屋さんでも、ちょっと雰囲気のいいお店だと、撮らないでください、というお店がありますよね。これは串カツ屋の「ソースの2度づけ禁止」と一緒ですかね。マナーの問題かもしれません。

稲穂:その意味では息苦しくなってきていますね。エチケットの範囲を超えて、なんかやばいという感覚が広がるのはよくないと思います。実際に、何らかの知的財産権があるような主張がなされていても、実はそもそも権利がなかったり、権利が発生していてもすでに保護期間が切れていたり、また、権利の及ぶ範囲の外側であったり、権利侵害とはならない例外であったりするケースも少なくありません。『楽しく学べる「知財」入門』では、このあたりの勘所もわかるようにしています。

木本:一見して複雑すぎるんですよね。専門家じゃないと、たいていそこまで詳しくは勉強しませんし。知らない人はリスクを取らずに、リスク回避するほうが手っ取り早いと思ってしまう。みんなが腫れ物に触るようになっている社会はよくないと思います。知的財産権はみんながよりよい文化活動や経済活動をするためのものだと教わりましたので。

先生の本はわかりやすいから、権利を主張する側もされる側も絶対に読んだほうがいいですね。判断の間違いも起こりにくくなるし、何の問題もないのに腫れ物に触らないようにするという愚も犯さなくなると思います。今回はとても勉強になりました。

(構成:高杉公秀)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。