家族を虐待するヤバすぎる母との付き合い方

認知症の父を虐待する高齢母が許せない!

ここから得られる教訓は何でしょうか。4人姉妹の中では母親といちばん早く縁切りした長女が、母親のことで苦しむことからいちばん早く、解放されています。

信子さんが還暦を過ぎたころ、優しくて気が弱く、多額に貢がされ続けた次姉(次女)の“ほぼノイローゼ状態”は、爆発寸前になりました。

母親に貢がされた金額は、次姉は信子さんと3ケタ違うといいます。しかし信子さんが母親のために費やした貢献量は、誰とも比較になりません。陰でも両親を支え、姉たちにさえ両親の弁解者にも代弁者にもなって、関係がそれ以上こじれないように、神経を使いました。

母親から感謝される点でいえば、次女も信子さんも遜色ないはずです。次女の“ノイローゼぎみ”が放っておけない状況になった時、信子さんは、母親からの数十年積み上げた“感謝”または“信頼”を武器に、次姉をこれ以上当てにしないよう、母親に話しに行きました。

放っておけば、次女との関係が取り返しがつかなくなることを案じた、私利私欲のない信子さんの“おせっかい”です。

「感謝や信頼」も相手にすり寄る手段?

信子さんが話し始めた矢先、「いつからそんなにエラくなったのだ、口出しせず黙れ!」といって信子さんをにらんだ母親の顔が、弱い祖父母を虫けらのように扱い、自分たちを虐待した時代の般若の顔に、サーッと一変したそうです。

その鬼面に、信子さんは忘れようとしていた被虐待時代に瞬時に戻され、すべてを悟ったのです。次姉より3ケタも下る「金銭的な付き合い」でも、信子さんにとっては痛みを伴う額でした。

信子さんがどんなに忙しくとも夜中でも、呼び出されて母親のために働いたことは、その母親のみぞ知るです。しかし、母親の本性は何も変わっていなかったのです。

次ページ「こき使うのが当たり前」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT