家族を虐待するヤバすぎる母との付き合い方

認知症の父を虐待する高齢母が許せない!

私の親友の信子さんは4人姉妹の末っ子です。母親の毎日のヒステリーは正常でなく、何もしていない子どもたちにわめく、たたくは日常茶飯事だったそうです。その母親は、同居する祖父母の存在が疎(うと)ましすぎて、感情がコントロール不能に陥ってしまったようです。

ヒステリーを持った母以外の家族の性格は穏便で、お互いに母の火の粉が飛ばないようかばい合い、息を殺して暮らしました。ところが収まることはありません。逆に周囲がおとなしすぎたためか、母のヒステリーは天井知らずだったそうです。

喜んで帰るべき家が、信子さんにとっては地獄のような場所でした。美月様の弟様が亡くなられた原因はわかりかねますが、信子さんは物心ついてからずっと、そのようにして世を去ることばかりに、取りつかれていたそうです。

早期に縁切りした人が、幸せになる

4人姉妹のその後の母親との関係はどうなったか。

この連載の過去記事はこちら
 

皆、近くに住みますが、4人4様でした。結婚後の長女は、冠婚葬祭も含めて母親とは絶縁することで、結果的にその後、心安らかに暮らすことができました。

いちばん近所に住む気が弱い次女と三女は、結婚後何十年も、物心両面で母親に振り回されました。掃除機をかけていても涙が止まらず、友達と会食していても、言うとおりに従わなかった場合の母親のヒステリーを思い出すほどだったそうです。恐怖で支配される中で、2人とも徐々にノイローゼぎみになってしまいました。

末っ子の信子さんは、どうだったのでしょうか。

結婚後も母親を許すことはできていませんが、父親は理屈抜きに尊敬の対象だそうです。両親に理解されたいという思いも人一倍で、父親の喜ぶ顔が見たいがために母親にも尽くしました。

次ページ「感謝」を知らない人とかかわると不幸に
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT