家族を虐待するヤバすぎる母との付き合い方

認知症の父を虐待する高齢母が許せない!

それらが生きるのも無駄になるのも母親次第ですが、次女に比べれば信子さんの金額など、母親にはすずめの涙で、精神的な負担や奉仕の年月などは、「こき使うのが当たり前」すぎて、記憶にもないことでした。

信子さんは、すべてが一人芝居で自己満足であったことを、60を過ぎて悟ったのです。“感謝や信頼”は、利用価値がある範囲でのすり寄りでした。

不眠が続く中で、母親から受ける被害をいちばん早く断ち切った長女(長姉)の賢明さが、身にしみたそうです。いちばん尽くした自分が、母親にいちばん恨まれる存在になったのも、滑稽だが納得だと言います。

解放されるには親子関係断絶しかない

父上の介護に通っておられるあなたが、完全に母上と断絶することは難しいことです。それでも接触を最低限にし、精神的には完全に、夫君の言われるように断絶するべきです。

話してもわからない人は、一生わかりません。そのような人々と下手にかかわることで、つけあがるだけの人がいるのです。親や年寄りという理由で許される範囲にも、限度があります。

父上への虐待行為があれば、警察に連絡するくらいにケースワーカーとも合意しておく覚悟が必要です。そしてあなたが、そんな母親のことで悩むのは、前出の信子さんとその次姉のように、母上との、そして自分の人生の負けレースを、ひたすら走る「人生破綻コースの悲劇的な選択」なのです。

頭の中から、母親が占める部分を追放する訓練をしましょう。母上が浮かぶと即、夫君の夕食のメニューを考える習慣にするとか、これまでの人生で感動したことを思い出すとか。一聞すると滑稽かもしれませんが、意外と“忘れる訓練”には効果があるものなのです。

信子さんはそのようにして、そして母親のために、ビタ1円・ビタ1分使わないことを心に決めたことで、徐々に立ち直ったそうです。彼女の次姉ですか? 中途半端にいい顔をせず、徹底して母親からの連絡を無視することで、母親も9割以上あきらめてきたようです。明るく元気に暮らしているそうですよ。

最悪の人生泥棒から解放されるには、実母であろうが縁を切る――厳しいようですが、あなたの心を解放するには、これしかないと思われます。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 就職四季報プラスワン
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT