3年迷って、39歳で結婚した男性の「決め手」

その人と結婚して人生は面白みを増すか

想定外の有事も経験しつつ月日が流れて行った。それでも秀雄さんは「絶対に離婚しない相手なのか」を見極めることはできなかった。一方の凛子さんは少しでも早く結婚したい。といっても、すぐに人を好きになれるタイプではないので、秀雄さんと別れたら次にいつ恋人ができるかわからず、結婚はますます遅くなってしまう。凜子さんは秀雄さんに「3年だけ待つ」と期限を設定した。秀雄さんはしっかりと覚えていて、きっかり3年目にプロポーズした。確信は持てなくても納得はしたようだ。

「3年付き合ってからの結婚です。恋愛期間が長いとは僕は思いません。結婚した年齢に関しては、子どものことを考えるとちょっと遅かったかなとは思います。20代のときに結婚していたら今ごろは子どもが大きくなっていたはずですから」

結婚して一緒に住み始めてから1年弱。子どもは早めにほしいと思いつつ、現在のところは2人だけの共稼ぎ生活を楽しんでいる。料理上手な看護師である凜子さんによって、秀雄さんの健康状態は大きく改善した。

「おカネも折半です。家族口座にそれぞれが一定金額を振り込んで家賃などに使い、あとは適当に使っています。相手がどれぐらい稼いでいるのかもお互いに知りません。2人とも食べることが好きなので良さそうな店があったらすぐに行っています。支払いのときは、『稼いでらっしゃるから』と会計を押し付け合っています(笑)」

凜子さんの夢についていきたい

好奇心も向学心も旺盛な凜子さんには夢がある。子どもが生まれて小学校に上がるぐらいまで育ったとき、健康関連のビジネスを始めることだ。そのための勉強を現在も着々と進めていて、凜子さんと同じぐらい「面白いこと好き」な秀雄さんは実現が楽しみで仕方ない。

「商売を始めたら、仕入れの関係でインドに長期滞在することになるそうです。ぜひ早く始めてほしいですね。僕ものっかりたいからです。カメラマンとして写真を撮ってもいいし、商売を手伝ってもいい。観光ではない海外旅行ほど楽しいものはありませんよ。ローカルの文化に触れることができるからです」

思わず顔をほころばせる秀雄さん。凜子さんとの結婚生活は「自分の人生にふくらみを与えてくれる」と実感している。相手を尊敬でき、その活動を面白がり期待できている限り、離婚の心配などはしないでいいと思う。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 離婚親の選択
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング