30年後を憂うより目の前の仕事に手を抜くな

2017年も思いがけずに世界が一変する

――トランプ米大統領がメディアを噓つきよばわりし、新聞も本も売れなくなり、テレビも見ない人が増えていて、ネット空間のニセのニュースが話題になっています。現代のメディアの役割について、内田先生はどうお考えですか。

エルヴィス・プレスリーの偉業

内田 樹(うちだ たつる)/1950年生まれ。神戸女学院大学名誉教授。思想家、哲学者にして武道家(合気道7段)、そして随筆家。「知的怪物」と本誌スズキ編集長。合気道の道場と寺子屋を兼ねた「凱風館」を神戸で主宰する(写真: 山下亮一)

メディアの原義は「介在するもの」です。離れたものを「繋ぐ」のがその本来の機能です。でも、今のメディアは「架橋する」という役割を果たしているでしょうか。僕は疑問です。メディアは「離れたものを繋ぐ」よりむしろ「似たものを取り集めて、より均質的な集団を作り出す」ことに加担しているのではないでしょうか。

文化的架橋の1つの例を挙げてみたいと思います。

1950年代のアメリカには、カントリーとポップスとリズム&ブルースという3つのヒットチャートがありました。中でもカントリーを聴く層とリズム&ブルースを聴く層はほとんど重なりませんでした。このチャートに出てくる楽曲はまったく別のものでした。ところが、1956年に3つのチャート全部で1位になった楽曲が登場しました。エルヴィス・プレスリーの「ハートブレイク・ホテル」です。59年までの3年間にエルヴィスは「3部門1位」という偉業を5回達成しました(「3部門1位」記録を持つのは、他にはエヴァリー・ブラザーズだけです)。

エルヴィスが作り出したロックンロールという音楽の素晴らしさは、その時代のすべての「タコツボ的リスナー」たちに「これこそ自分のための音楽だ」と思わせたことにあります。

映画や文学や演劇を全て含めた上で20世紀アメリカが成し遂げた最高の文化的達成は何かと問われたら、僕は「ロックンロールの誕生」と答えます。それはロックンロールが本質的に「越境」と「架橋」の音楽だったからです。あらゆるエスニック・グループの人々がロックンロールを「自分たちのための音楽」と感じた。そのことと、その時代がアメリカの国力が絶頂を究めた「黄金時代」だったことの間には関係があると思います。

ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞しました。ディランがある社会集団の「ヴォイス」であることは間違いありません。でも、それは都市の黒人やヒスパニック系の市民たちにとっての「自分たちのヴォイス」ではない。ある世代や社会集団を代表する「ヴォイス」が存在することはよいことです。でも、年齢も性別も宗派もエスニシティも超えて、そういう分断指標そのものを無効化してしまうものこそが、その語のほんとうの意味での「メディア」ではないかと僕は思います。

「ロックンロールはメディアだった」という言い方が許されるなら、今の世界はそのような「メディア」をもう求めていないように僕には思えます。

次ページ「メディア」はニーズがない?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。