「おもてなし」という言葉の本当に大事な意味

相手の心に寄り添うことが最も大切だ

さらに、この「応病与薬」は「対機説法」(たいきせっぽう)とも言います。これも意味は同じで、仏が教えを説く場合、相手の能力や性質などに応じてそれにふさわしい説法することを意味します。

「おもてなし」に大事なもの

これらの共通点は何かというと、「相手に寄り添う」ということです。これは、できるかぎり相手の立場に立って物事を考え、必要とされることを提供することです。つまり、相手の「こころ」に寄り添うことなのです。

私は、この「こころに寄り添うこと」こそ「おもてなし」において最も大切なことだと思うのです。何をもてなすのかと問われたとき、それは相手の「こころ」です。ただ一方的に、こちら側の判断だけで「もてなす」のであれば、それは押し付けになってしまいます。だからこそ、相手の「こころ」に寄り添い、必要としていることを察知して「もてなす」ということを忘れてはいけない気がします。相手の「こころ」を大切にすることが、「もてなし」に「お」という丁寧がついた「おもてなし」なのではないでしょうか。

これらを踏まえたうえで、「おもてなし」を英語にすると「To take good care of other’s heart」(相手の「こころ」を大切にすること)や「To know other’s feeling/mind/intention」(相手の気持ちを知ること)というような表現になるのではないかと思います。

私自身、これまで「おもてなし」だと思っていた行動は、実は一方的な「もてなし」だったかもしれないと思うようになりました。「もてなし」ではなく、「お」「もてなし」ができるよう、心がけていきたいと思います。きっと、この姿勢が自己満足を超えた相手の笑顔を通して、自分も笑顔になるという深い喜びに繋がると信じています。

アルファポリスビジネスの関連記事
ジョンソン・エンド・ジョンソンで学んだ経営の極意とは?
本当にあったブラック職業!働いたら負けな中世版ニート「隠遁者」とは?
すぐに役に立つ!入社1年目の営業スキル
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT