「おもてなし」という言葉の本当に大事な意味 相手の心に寄り添うことが最も大切だ

拡大
縮小

さらに、この「応病与薬」は「対機説法」(たいきせっぽう)とも言います。これも意味は同じで、仏が教えを説く場合、相手の能力や性質などに応じてそれにふさわしい説法することを意味します。

「おもてなし」に大事なもの

これらの共通点は何かというと、「相手に寄り添う」ということです。これは、できるかぎり相手の立場に立って物事を考え、必要とされることを提供することです。つまり、相手の「こころ」に寄り添うことなのです。

私は、この「こころに寄り添うこと」こそ「おもてなし」において最も大切なことだと思うのです。何をもてなすのかと問われたとき、それは相手の「こころ」です。ただ一方的に、こちら側の判断だけで「もてなす」のであれば、それは押し付けになってしまいます。だからこそ、相手の「こころ」に寄り添い、必要としていることを察知して「もてなす」ということを忘れてはいけない気がします。相手の「こころ」を大切にすることが、「もてなし」に「お」という丁寧がついた「おもてなし」なのではないでしょうか。

これらを踏まえたうえで、「おもてなし」を英語にすると「To take good care of other’s heart」(相手の「こころ」を大切にすること)や「To know other’s feeling/mind/intention」(相手の気持ちを知ること)というような表現になるのではないかと思います。

私自身、これまで「おもてなし」だと思っていた行動は、実は一方的な「もてなし」だったかもしれないと思うようになりました。「もてなし」ではなく、「お」「もてなし」ができるよう、心がけていきたいと思います。きっと、この姿勢が自己満足を超えた相手の笑顔を通して、自分も笑顔になるという深い喜びに繋がると信じています。

アルファポリスビジネスの関連記事
ジョンソン・エンド・ジョンソンで学んだ経営の極意とは?
本当にあったブラック職業!働いたら負けな中世版ニート「隠遁者」とは?
すぐに役に立つ!入社1年目の営業スキル

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT