「すみません」という日本語が示す3つの意味

その基盤は「自責の念」にある

多くの日本人が最もよく使う言葉のひとつ、「すみません」の懐深さを考える(写真:xiangtao / PIXTA)
浄土真宗本願寺派僧侶でありながら、通訳や翻訳も手掛ける大來尚順氏による連載『訳せない日本語~日本人の言葉と心~』。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボによりお届けする。

「すみません」で会話

先日、法事のために、私の自坊のとあるご門徒(浄土真宗を信仰する方々。ちなみに、その他の仏教宗派の信者さんは一般的にはご檀家さんと呼ばれます)の家を訪問しました。

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

約束の時間通りに到着し、インターホンのボタンを何度か押しても何の反応もないので、玄関のドア越しに大きな呼びかけた言葉が「すみませ~ん」でした。

すると、家の中からご門徒さんが慌てて出てこられて、「すみません、インターホンが壊れていて」と仰いました。

すると、私は笑顔で「そうだったのですね。すみません、お邪魔します」と家にあがり、ご門徒さんは「すみません、どうぞ」と家の中に案内して下さいました。お気付きでしょうか。ちょっとした会話の中で、四回の「すみません」のキャッチボールです。

日常生活において、多くの日本人が最もよく使う言葉のひとつに、「すみません」があると思います。これをただ普通に英訳すると「I am sorry.」となり、「ごめんなさい」という謝罪の意味となります。しかし、この会話中の四回の「すみません」が、すべてこの謝罪の「I am sorry.」という英訳になるかというと、首を傾げる方が多いのではないでしょうか。

次ページ3種類の「すみません」を使い分けている
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。