ベテラン弁護士が「離婚はやめろ」と説くワケ

1万人の人生からわかった「幸運」を呼ぶ法則

弁護士は、争いは避けたほうがいいと教わっている(写真:Graphs / PIXTA)
日本でも離婚が珍しいことではなくなった現在、性格の不一致、浮気、金銭……さまざまな理由で離婚を考えている方は多いであろう。少しでもいい条件で離婚して、次の人生を楽しみたいと考えている方もいるかもしれない。
しかし、半世紀近く弁護士を務める西中務氏は、争いはなるべく避け、離婚も回避することが最善の道だと説く。特に法廷闘争に持ち込むのは最悪で、勝っても負けても決していいことはないという。
このたび『1万人の人生を見たベテラン弁護士が教える「運の良くなる生き方」』を上梓した西中氏が、前回に続き、離婚が勧められない理由を語った。

浮気のやめさせ方を教える変な弁護士

『1万人の人生を見たベテラン弁護士が教える「運の良くなる生き方」』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

私は大阪でもう47年間も弁護士をやっていますが、ときどき「不思議な弁護士ですね」といわれます。いわれてみれば確かに私は、一般的な弁護士の仕事とは違うことをしております。

たとえば、私のところにはよく、「浮気をやめさせてほしい」と相談される方が来られるのです。

もちろん、離婚の相談なら一般的な弁護士の仕事です。ですが、私のところにいらっしゃるのは、こんなご相談なのです。

「主人が浮気をして困ってるんです。何とかやめさせる方法はありませんか」

私は、「ふん、ふん」と相づちを打ちながら話をじっくり聞きます。考えてみれば、弁護士の仕事としてはかなり変です。

なぜなら、相談者は離婚の相談ではなく、浮気をやめさせる相談に来ているのですから。離婚しないのなら、離婚訴訟も損害賠償請求も関係ありませんから、本来、弁護士の出る幕はないのです。

次ページ浮気の対処は、法律相談ではなく…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT