ベテラン弁護士が「離婚はやめろ」と説くワケ

1万人の人生からわかった「幸運」を呼ぶ法則

なのに、「浮気をやめさせて」という依頼者が来て、「それなら……」と相談に乗るのですから、確かに「変な弁護士」だといわれても仕方がありません。浮気の対処は、法律相談ではなく人生相談のはずで、弁護士の守備範囲ではないのですが、いつの間にか、私にはこういう相談が増えていました。

「西中先生やったら、何とかしてくれると思って」

こうおっしゃる方もいらっしゃいます。相談に来る人にとって、私は一種の「何でも屋」なのかもしれません。

「離婚してもいいことはないですよ」

もっとも、最初の頃は、夫婦間のトラブルが持ち込まれるときは、もっぱら離婚の問題ばかりでした。

「主人が浮気をしているらしい。離婚も考えている」

そういった法律相談です。そうすると、普通の弁護士の仕事としては、こんな具合に進むわけです。

(1)まず浮気をしているかどうかを確かめる。

(2)浮気なら証拠をつかむ。

この段階でこんな警告書を出す場合もあります。

「あなたの浮気はわかっている。ここにこんな証拠がある。今すぐ浮気をやめたほうがいい。さもないと、損害賠償を払うことになる」

警告を出して、浮気がそれでも止まらなければ、離婚を求めます。そして、ご主人が拒むようなら離婚訴訟まで進めるわけです。

これが一般的な弁護士の仕事です。離婚を考えて法律相談される方は大抵、弁護士にこうしたことを期待されているのではないでしょうか。

けれど、私は別のことをしてしまうのです。

離婚したいという奥さんが来ると、こう言います。

「離婚してもいいことはないですよ。その前に、ご主人の浮気を止めたほうがいい」

すると、相談に来た人も、「そんな方法があるんなら、そのほうがいいです」と乗り気になる場合が多いのです。

こんなことを繰り返していたからでしょう。「西中先生なら、何とかしてくれる」と、浮気を止める人生相談に来る人が当たり前になったのです。

次ページ丸く収まるのなら、それでええか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT