不誠実な夫でも、離婚を早まってはいけない

嫌いになるまで離婚はするな

悔しくても、すぐに別れてはいけません(写真:KEI / PIXTA)

※ミセス・パンプキンへの子育て・家族関係などのお悩み相談は
専用メール専用サイトで受け付けています

【読者からの相談】

夫は小さな会社の経営者で、私もその会社の社員です。結婚して10年経ち、1歳の息子がいます。産後から私への態度が豹変した夫と、離婚すべきか悩んでいます。
夫は急に服装や容姿が若返り、複数の女性と連れ立って歩くことが多くなり、その中の一人(同じ会社の社員)とは、深い関係にあります。毎日朝帰りで、ホテル備え付けの消耗品も時々持ち帰ります。夫からは彼女の話がよく出ますが、私は自分を殺し、夫と一緒になって彼女を称賛しなければなりません。
たまに私自身脱線して、つい彼女への嫉妬心が言動にでます。そんな時、夫は我慢できず、「恋愛関係でもないのに疑われるのは迷惑」と激昂し、離婚用紙を突き付けてくるのです。夫からは、「自分の今の生き方は変えない。つらいなら別れろ」とも、明確に言い渡されています。
一方、私はいまだに夫を一人の男性として成功してほしいと願い、彼の幸福も願っています。そのため私が身を引くのも一つの方法かと迷ったりします。私は夫をお財布代わりと割り切ることができませんが、衣食住を十分に補償してくれている夫に感謝もしています。しかも夫は息子をかわいがりますので、現在の言動が、一過性のように感じ、なかなか離婚に同意する気になれません。
しかし普通に接してくる浮気相手と一緒に仕事をするのも、他の社員の視線も、それらの苦痛を理解しようともしない夫にも、疲れてきました。私にも非があり、自分が変わらなければならないことはわかっているつもりです。でも育児で精神的にいっぱいでドンと構えられず、つらい気持ちにふたをして生きることに限界です。助言をお願いします。
小泉玲子(仮名)
次ページパンプキンからのコメントは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。