衰え続ける悲惨な父に、どう接すればいいか

親の老衰から逃げてはいけない

衰え行く父から逃げてはいけません(写真 :わたなべ りょう / PIXTA)

※ミセス・パンプキンへの子育て・家族関係などのお悩み相談は
専用メール専用サイトで受け付けています

 私の両親は離婚しており、69歳の父は、エレベーターのない都営住宅の四階で、一人暮らしをしております。60歳で定年退職してからは趣味もなく、家でビールを飲むことがすべてです。
そのことを私は心配していましたが、先日5カ月ぶりに用事があり会いに行きました。その時の父は、あまりにも痩せ細り、目はうつろ、ふらふらな状態でショックを受けました。食欲は無くビールだけは辛うじて買いに行っているようです。
それ以降スープを届けたりするのですが拒否し、電話もほとんど出てくれません。無理やり押しかけると、日中もカーテンを閉め、見ているのがつらくなります。目も白内障が進んでいて見えなくなっているようです。昔から気が強く頑固で、もちろん病院行きも拒否します。
父から拒否されるというつらい状況なので、私自身これ以上父の悲惨な姿は見たくないという気持ちになり、もうどうしていいかわかりません。
私は五カ月の子どもがおり育児休暇中です。父から拒否されても、食事を作ったり病院へ行くよう(ひとりで行ける状態ではありません)、説得し続けるべきなのでしょうか。
平田(仮名)
次ページパンプキンからのコメントは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT