衰え続ける悲惨な父に、どう接すればいいか

親の老衰から逃げてはいけない

衰え行く父から逃げてはいけません(写真 :わたなべ りょう / PIXTA)

※ミセス・パンプキンへの子育て・家族関係などのお悩み相談は
専用メール専用サイトで受け付けています

 私の両親は離婚しており、69歳の父は、エレベーターのない都営住宅の四階で、一人暮らしをしております。60歳で定年退職してからは趣味もなく、家でビールを飲むことがすべてです。
そのことを私は心配していましたが、先日5カ月ぶりに用事があり会いに行きました。その時の父は、あまりにも痩せ細り、目はうつろ、ふらふらな状態でショックを受けました。食欲は無くビールだけは辛うじて買いに行っているようです。
それ以降スープを届けたりするのですが拒否し、電話もほとんど出てくれません。無理やり押しかけると、日中もカーテンを閉め、見ているのがつらくなります。目も白内障が進んでいて見えなくなっているようです。昔から気が強く頑固で、もちろん病院行きも拒否します。
父から拒否されるというつらい状況なので、私自身これ以上父の悲惨な姿は見たくないという気持ちになり、もうどうしていいかわかりません。
私は五カ月の子どもがおり育児休暇中です。父から拒否されても、食事を作ったり病院へ行くよう(ひとりで行ける状態ではありません)、説得し続けるべきなのでしょうか。
平田(仮名)
次ページパンプキンからのコメントは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。