エリート医師が「地方」に魅力を感じるワケ

医師の価値観の変容が始まっている

都市部のブランド病院よりも、地方の医療機関を選ぶ医師がいる(写真 : 【Tig.】Tokyo image groups / PIXTA)

有名大学を卒業しエリートコースをひた走りながらも、都市部のブランド病院ではなく、地方の医療機関を就職先に選ぶ医師がいる。「地方=激務」「生活基盤が整っていない」などのイメージも強いなか、なぜ彼らは地方を選ぶのか。その背景をたどると、医師の価値観の変容が垣間見える。

東大医学部を出て縁もない登米市へ

当記事はエムスリーキャリアの提供記事です

田上佑輔氏は、東京大学医学部を卒業し、同大医学部附属病院の腫瘍外科に入局。腫瘍外科医として順調にキャリアを重ねていったが、33歳のとき、東大医学部時代の友人と協力して、宮城県登米市に「やまと在宅診療所」を創設した。

九州出身の田上氏が縁もゆかりもない登米市で働こうと思ったのは、被災地の医療を支えたいという使命感からだけではない。都市部のブランド病院とは一味違う、“地方ならではの仕事”に魅力を感じたことも大きかったという。

診療に当たる田上佑輔医師(右)。やまと在宅診療所では、非常勤医含めて8人のスタッフで、約200人の在宅患者の対応に当たっている。患者の7割は80歳以上の高齢患者。「重症の在宅療養を支援したい」というのがコンセプトで、患者の3割はがん患者だという

「登米市は、宮城県でも特に医師が少ない地域です。裏返せばその分、医師一人ひとりがやらなくてはいけないことも幅広い。わたしの場合、診療だけでなく、行政の方とも協力しながら、この地域の医療を充実させる施策を企画する仕事にも携わっています」と田上氏は言う。

地域の医療体制を根本からつくることにかかわる、というなかなか経験できないユニークな仕事内容に惹かれて、登米市で働くことを決断したという。

次ページ登米で働いてみて感じたことは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT