夫婦間で勃発!家庭内お財布バトルの実情

どちらが「制空権」を握るか

夫婦の財布を制するのはどちらだ?(写真:マハロ / PIXTA)
夫婦のどちらが家計の“制空権”を握るか。ときに派手な“空中戦”に発展しがちな問題だが、将来の不安に備えるにも、双方の歩み寄りが大切だ。緊張緩和には意外なツールが役立つようで――。

 

タイトルは「特別会計」。スマートフォンの画面には、下着代、塾の模試代などの項目と金額が並ぶ。合計5万円ほどの追加の振り込みを依頼する、妻からの催促メールの文面だ。

東京に単身赴任中のメーカー勤務の男性(46)は「分かりました」とだけ返信した。もう3年ほど夫婦のコミュニケーションはメール中心。しかも必要最低限の文字数で“お金”の話だ。

男性の年収は1300万円。大阪市内の高級住宅街で習い事に明け暮れる専業主婦の妻には、毎月、一般家庭より多めに生活費を渡しているはずだ。

「お互い息子とはLINEも使っていますが、夫婦間はメールで十分。正直、妻とは話したくもないので、言われたままにお金は振り込んでいます」

高校3年生の息子がいつか独立したら「生活に苦労しない程度のお金」を渡して離婚するつもりだという。妻の同意は得られていないが、リタイア後は別のパートナーとカフェを経営するのもいいと思っている。相手の当てがあるわけではないが、そのために「妻に持っていかれない隠し財産もためている」と、この男性は明かす。

財布を制する者、夫婦を制す──。やはり世間の夫婦関係は、お金のパワーに大きく左右されるのだろうか?

ETC前急停車のワケ

共働きで財布は別、生活費は夫がやや多く負担していたという不動産会社で働く女性(48)は、2年経った今でも、夫に対する怒りを抑えられない。きっかけは、夫が深夜にタクシーで帰宅して、酔ってぶちまけた財布の中身。中からバーや高級バッグのレシートを見つけた。

「3度目の浮気疑惑。いつも子どもには『うちはお金がないから高校は公立だ』って言っているのに、と頭にきて。それで私が彼の収入も管理することにしたんですが……」

次ページETC前で急停車したワケ
人気記事
トピックボードAD
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。