弁護士が語る「悪賢い成功者」の悲惨な末路

1万人の人生からわかった強運な人の共通項

1万人以上の「トラブル」を見てきたベテラン弁護士が、「悪賢い成功者」の成功は長続きしないと断言します(aijiro / PIXTA)
私たちは、「成功して、羽振りがいい人」に注目しがちだ。その中には、「悪賢いこと」をして成功を収めた人もいるかもしれない。
しかし、50年近い弁護士生活をとおして、のべ1万人以上の「トラブル」を見てきた西中務氏は、そういった成功は一時的なもので、多くは後に悲惨な末路にいたると語る。近刊『1万人の人生を見たベテラン弁護士が教える「運の良くなる生き方」』を上梓した西中氏に、「悪賢い成功者」の末路と、本当に「運の良い人」の特徴を解説してもらった。

運の良い人と悪い人がいる

『1万人の人生を見たベテラン弁護士が教える「運の良くなる生き方」』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

私は半世紀近く弁護士をして、本当に多くの人生を見せてもらいました。民事、刑事の仕事のすべてを合わせれば、依頼者はのべ1万人を超えるでしょう。

刑事事件はもちろん、民事事件でも、法律相談が必要な場面というのは、人生の重大事が多いものです。弁護士として人様の重大事とたくさんかかわりを持たせてもらったおかげで、随分と人生勉強をさせてもらいました。毎年出す年賀状も1万枚を超すようになりました。

1万人もの人生を見てきた私にはわかるのですが、世の中には、たしかに運の良い人と悪い人がいます。

たとえば、運の悪い人は、同じようなトラブルに何度も見舞われます。同じ人が同様のトラブルで、何回も私のところに相談に来るのです。何度も同じような争い事を繰り返す人は本当に多いものです。

次ページ運のいい人は…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT