"奇跡の結婚"を呼び寄せる人の「行動原理」

40代後半「箱入り娘」が電撃婚するまで

(イラスト:堀江篤史)

仕事に夢中になっているうちに、いわゆる結婚適齢期を過ぎていたと振り返る晩婚さんは少なくない。特に、海外で長く働いていると年齢を意識しにくいらしい。帰国すると同世代の友人知人はほとんど結婚していたりする。浦島太郎状態である。

この連載の過去記事はこちら

今回は、そのひとりである中西美香さん(仮名、48歳)に登場してもらう。美香さんが2歳年上の孝介さんと結婚したのは昨年末。お互いに初婚だ。クリッとして好奇心旺盛な目が印象的な美香さん。若々しくてモテそうな気がするが、海外に旅立つ前に結婚願望はなかったのだろうか。

「いえ。いつか結婚したいと20歳ぐらいから思っていました。うちの両親も女性は早く結婚するのが当たり前という世代です」

32歳で単身、アジアの某国に旅立つ

美香さんはいわゆる箱入り娘だ。東京23区内の実家で一人っ子として育ち、親の強い希望もあって女子校から短大へと進んだ。学生時代から海外志向があり、貿易に携わる仕事に就いた。ただし、実家を離れることはなかった。そのまま日本にいればお見合いで良縁を見つけていたかもしれない。

転機は27歳のときに訪れた。アジアの某国に「ハマってしまった」のだ。現地の自然と人が大好きになり、会社を辞めて某国に赴き、日本との間を往復する日々が続いた。32歳のときには日系企業の現地支店に赴任することができ、ますますのめり込んだ。

「最後の2年間ぐらいは現地のビジネスパートナーと起業することを模索していました。でも、なかなかうまくいかず……。結婚せずに海外で暮らし続けていることにも限界を感じていました」

次ページ帰国したときは40歳
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。