「旧来型マスメディア」の立場はかなり危うい

財政的にも環境的にも八方ふさがり

ジャーナリズムの立ち位置は今後どうなるのでしょうか(写真 : den-sen / PIXTA)
メディア政治がポピュリズムの流れを加速する。ジャーナリズムはその渦から脱せるか。『批判する/批判されるジャーナリズム』を書いた慶応義塾大学法学部政治学科の大石裕教授に聞いた。

「冷めた」ジャーナリズム論

──「冷めた」ジャーナリズム論を展開していますね。

ジャーナリズム論というと、記者クラブ批判や、メディアリテラシーを高めてもっと権力を監視すべし、といったある種の常套句が並びがちだ。基本的には、コミュニケーションの一つの形態としてマスコミュニケーションがあり、その中の送り手が新聞や放送を中心としたジャーナリズム。なぜ問題を抱えながら、同じ形態で行われ続けているのか。現場でのニュースの作り方、作られ方を考えて分析する研究態度に欠けていた。そこを「冷めた」ジャーナリズム論として分析してみた。特に、こういうあり方はおかしいという「熱い」ジャーナリズム論と違って、事例に基づいた仕組みやシステムの研究を中心に置いている。

──朝日新聞の誤報問題でそのテーマ性が強まった?

吉田調書をめぐる誤報という問題がまずいことはわかり切っている。ただ、マスコミはつねに誤報と隣り合わせで、これをもってもっぱら朝日新聞的な価値観のような形で批判されたのは、「冷めた」ジャーナリズム的な意識がないからではないか、と問いかけたい。誤報への批判が積極的に行われることによって、「原発事故とその対応」というジャーナリズムが本来追及すべき問題の全体像を描く作業が停滞してしまった。

次ページ不可視の権力性を浮き彫りにしたかった
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。