戦略的に移民を受け入れる「カナダの流儀」

そこにはブレない「多様性」がある

――ほかにビジネスで気をつけたほうがいいことはありますか?

カナダ人は必要なときには意見をはっきり言うのですが、全体的にはそれほどアグレッシブではなく、控えめなところがあります。日本人と似ているわかりやすい例としては「すみません」とよく言います。日本では「ありがとう」という場面で「すみません」ということがありますよね。カナダ人も"Sorry"をよく言います。思いがけずプレゼントをもらったときなどに"Oh I’m sorry, you don’ t have to do that."(そんなことをしなくてもいいのに)など、本当は「ありがとう」という気持ちを伝えたいときに"Sorry"と言うのです。

カナダは個人主義よりも集団主義の気持ちが強く、グループや平等を大切にするため、相手を配慮した言葉を使うのでしょうね。英語に関しても、カナダだけで話されているような俗語はあまりありません。聞き取りやすい発音です。というのも、カナダでは移民や難民が多いですし、ルーツの国の文化を持ったままの人も多いので、英語を話すとは限らないのです。そのため、わかりやすい内容、話し方で話し、また相手の言葉もじっくりと聞くと言われています。

声高に主張しないところが日本人と似ている?!

――流暢な英語でなくても、気負わなくていいということですね。

そうですね、日本人とはとっても相性がよいと思います。よいことをしているのに、声高に主張しないところも似ています。カナダはアメリカと一緒にされてしまうところもあるので、もっとカナダの強みをアピールしてもよいと思うのですけどね。性格がまじめなので生産性が高く、高品質なところも日本人がビジネスを行いやすいところです。日本人と異なるところを挙げるとすると、室内温度でしょうか(笑)。カナダ人は寒さに強いので、オフィスの温度が低くて大使館でも日本人のスタッフは寒がっています。

ほかに日本とカナダが似ている点は、お互いに近くに大きなマーケットがあるために、もっと外へ拡げるチャンスを逃していることでしょうか。カナダはアメリカにマーケットがあり、日本はアジアがあるので、そこで満足をしてしまっているところもあるように思います。そこを越えて、これからももっと日本とカナダでビジネスを行っていきたいですね。カナダは地域によって強みが異なるので、ぜひ、Invest in Canadaというウェブサイトを見ていただきたいです。アルバータ州では農業の研究が盛んで、トロントなどアメリカに近い州では自動車産業、バンクーバーやモントリオールにはコンピュータゲームの開発など分野ごとに記載しています。

――カナダは世界の縮図で、今世界が向かうべき方向を率先して行っていることがよくわかりました。世界が全体的に内向きになっているなかで、カナダが行っていることをもっと日本の人にも知ってもらって、留学先やビジネスの相手にしてほしいですね。ありがとうございました。

(撮影:ヒダキトモコ)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT