カナダ「イケメン首相」が期待を集めるワケ

政界入りからたった7年

イケメン首相が世界から注目されるワケとは?(写真:ロイター/アフロ)
政界入りから7年でカナダ首相の座に就いたジャスティン・トルドー。イケメンの2世首相は、右旋回する世界でひとり輝く「リベラルの星」だ。

 

元カナダ首相の長男にして、元高校教師。イケメンだが、髪は少しもさもさで、妻は美人テレビキャスター。ボクシングが趣味で、左肩に意味不明のタトゥーがある──。自由党選出のカナダ首相、ジャスティン・トルドー(44)の姿だ。

昨年10月19日、3期9年半にわたり政権に就いていた前首相のスティーブン・ハーパー(56)が率いる保守党を破って、総選挙で自由党を勝利に導いた。選挙結果は、有権者、側近、党幹部はもちろん、トルドー自身も驚かせた。選挙を戦った小さなチームでは閣僚や要職のポストを埋められないため、人材をソーシャルメディアで募集したところ、2万2千人から履歴書が送られてきたという。

11月4日、首相に就任するや、閣僚をカナダ初の男女同数にした。理由を聞かれると、当然と言わんばかりに、

「なぜなら2015年だから」

側近にはファーストネームのジャスティンではなく、プライム・ミニスター(首相)と肩書で呼ばせるのに苦労しているという。もっとも、トルドーは、米メディアにこう語っている。

「一緒にビールを飲んでいて、僕のタトゥーを見たら、ジャスティンと呼ぶほうがふさわしいだろう」

党サイトに自伝 妻との交際も

昨年の総選挙は、08年にバラク・オバマが勝利した米大統領選挙の興奮を想起させた。実際、トルドー陣営には、オバマの選挙スタッフ経験者が2人、採用されていた。

オバマは『マイ・ドリーム バラク・オバマ自伝』などの著書で、自分の生い立ちや思想を有権者に知らせたが、トルドーは自由党のウェブサイトに、政治家とは思えない開けっぴろげな自伝を載せた。妻となったテレビキャスター、ソフィー・グレゴワールをデートに誘うのに苦労したことや、父親ピエール・トルドー元首相の墓前でプロポーズしたことまで書いている。

次ページ「特別な時期には、特別な党首を」
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT