2016年の世界経済は米国次第で大きく変わる

「独り勝ち」米国経済が傾いたらどうなる?

世界のほぼすべての地域が深刻な困難に直面する中、米国経済は安定定期に成長している。(写真:NewYorker/PIXTA)

中国株式市場が急落して当局は取引を中止し、北朝鮮は核実験を実施。サウジアラビアとイランという中東の二大国は威嚇し合っている。欧州連合(EU)域内では過激派の脅威が増し、移民が押し寄せ、英国が離脱をするかもしれない(この3つは無関係ではない)。

米国は失業率5%を維持

一方、米国はというと、新規失業保険申請者数がこの40年で最低水準となり、失業率も5%を維持している。大統領選挙の候補者指名争いは騒がしいものの、議会は最近、新たな年も順調な国政運営を継続すべく超党派の法案を可決した。

2016年は始まったばかりだが、ほぼすべての地域が深刻な困難に直面し、世界は経済的にも地政学的にも混乱の年となりそうだ。唯一の例外が、少なくとも現時点では、世界1位の経済大国だ。米国経済は、不安定な世界の中で安定力として機能している。

米国はもちろん、その経済の恩恵を受けている世界中の人にとって2016年の重要な問題は、米国がどれだけ持ちこたえる強さを持っているかということだ。

実際のところ、年が明けてニュースになった問題はどれも、目新しいものでも予想外のものでもない。どれも2015年の流れの延長線上にある。

次ページイランとサウジアラビアの対立の影響は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。