2016年の世界経済は米国次第で大きく変わる

「独り勝ち」米国経済が傾いたらどうなる?

世界のほぼすべての地域が深刻な困難に直面する中、米国経済は安定定期に成長している。(写真:NewYorker/PIXTA)

中国株式市場が急落して当局は取引を中止し、北朝鮮は核実験を実施。サウジアラビアとイランという中東の二大国は威嚇し合っている。欧州連合(EU)域内では過激派の脅威が増し、移民が押し寄せ、英国が離脱をするかもしれない(この3つは無関係ではない)。

米国は失業率5%を維持

一方、米国はというと、新規失業保険申請者数がこの40年で最低水準となり、失業率も5%を維持している。大統領選挙の候補者指名争いは騒がしいものの、議会は最近、新たな年も順調な国政運営を継続すべく超党派の法案を可決した。

2016年は始まったばかりだが、ほぼすべての地域が深刻な困難に直面し、世界は経済的にも地政学的にも混乱の年となりそうだ。唯一の例外が、少なくとも現時点では、世界1位の経済大国だ。米国経済は、不安定な世界の中で安定力として機能している。

米国はもちろん、その経済の恩恵を受けている世界中の人にとって2016年の重要な問題は、米国がどれだけ持ちこたえる強さを持っているかということだ。

実際のところ、年が明けてニュースになった問題はどれも、目新しいものでも予想外のものでもない。どれも2015年の流れの延長線上にある。

次ページイランとサウジアラビアの対立の影響は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。