戦略的に移民を受け入れる「カナダの流儀」

そこにはブレない「多様性」がある

――「新しいカナダ人」という言葉がとても印象に残りました。日本では難民が来たとしてもいつまでも「外国人」のままで扱われそうです。

カナダに来たらみんなカナダ人になります。しかし、カナダの特徴は元の国の文化も大切にしつつ、カナダ人として生活していることです。カナダになじむために、移民や難民がスムーズになじむためのサポートを使って言葉などを学びながら、各家庭ではそれぞれのルーツの言語を使うことも多いです。

カナダの公用語は英語とフランス語ですから、各地のコミュニティセンターなどで、英語とフランス語の授業が行われています。図書館も大きな役割を果たしていて、たとえばトロントの図書館では子どもの宿題をみるクラス、算数が遅れている子には算数のクラス、履歴書の書き方、カナダ国民になるときのインタビューの受け方の指導など、さまざまなクラスが無料で受けられます。移民や難民だけでなく、さまざまな国の人を受け入れる温かい雰囲気が当たり前にあります。

――日本人が行ってもなじんで仕事がしやすいでしょうか。

そう思います。それにカナダは教育水準が高いことに加え、優秀な人材もたくさん海外から入ってきていますから、人材確保もしやすいのです。よく言われているのは、難民は「人道的」に受け入れ、移民は「戦略的」に受け入れるということです。人材の例としては、トロントから130キロメートル西に行った辺りのウォータールーという地域にはICT産業のクラスターの一角があり、そこにはイノベーションを牽引できる人材や教育水準の高い優秀な人材が集まっていることで有名です。

キャリアパスは人によってさまざま

――どうやってそのような優秀な人材を育成しているのですか?

やはりいちばんの強みは多様性、そして失敗を認める文化もあると思います。カナダではみんなが大企業に入って生涯その会社に勤めるわけではありません。起業家精神も育て、失敗してももう一度新しいアイデアでやってみようとする気持ちを大切にします。みんなが同じようなキャリアパスを進むわけではないのです。

外交官も休みをとって民間で働き、戻ってくることができるのですよ。今よりさらにその機会を増やして民間で経験をするべきという意見もあります。

大学生が、大学と仕事を掛け持ちすることもできます。1学期間は大学に通い、次の学期は企業で働き、次は大学に通う……というのが当たり前に行われています。卒業までに5~6年はかかりますが、働いている期間は雑用などではなく、きちんと責任のある仕事を行うため、卒業のときには即戦力として働ける人材が出来上がっているのです。企業にとっても正規雇用をする前によい人材に出会え、育てられるすばらしい機会です。学生たちはカナダ国内だけではなく、世界中に散らばっていて、日本にも来ています。日本企業にとっても日本の企業のビジネスの考え方、働き方をよくわかった人をカナダで雇用できる絶好の機会だとよく話しているのですよ。

次ページ「違う」ことが当たり前
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ネットで故人の声を聴け
  • グローバルアイ
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT