梅原大吾「勝ち続けるプロゲーマー」が誓う掟

すべてのきっかけと動機は「人」だった

その大会でのプレーと、優勝という結果を見ていた、MADCATZ(マッドキャッツ)というビデオゲームコントローラーなどを手がける米国のメーカーが、「とことん打ち込められる環境を提供しよう」と言ってくれて……。

あまりに急な展開だったし、ほんのちょっとのつもりでしたから、最初は何度も断っていました。ところが、今マネジメントをしてくれているCooperstown Entertainment (クーパーズタウン・エンターテインメント)という会社の方から熱いメッセージをいただいたこともあって、もう一度プロゲーマーに「なる人生と、ならない人生」を考えたんです。

もう一度プロゲーマーに「なる人生と、ならない人生」を考えて

「やって失敗したとき、自分は嫌なのか?」「うまくいったら嬉しい」。

どんな人生もうまくいく保証はない。頭の中にモヤモヤが残る人生は、ガキのころに十分味わった。だったらチャレンジしようと。それでプロゲーマーとしてスポンサー契約を結ばせていただいて、ゲームの世界に再び、今度はプロとして戻ってきたんです。

可能性を活かせる社会にするための新たな挑戦

――周りの熱意に推され、決断を。

結局、ぼくのすべての動機ときっかけは「人」でした。対戦の様子をまわりで眺めて喜んでくれたゲームセンターの友人たちもそうですし、ストリートファイターの新作に誘ってくれた友人もそう。彼の言葉がなかったら、再びコントローラーを握ることもなかったと思います。動画を見て応援してくれる人、 レッドブル、Twitch (ツイッチ)、HyperX(ハイパーエックス)などのスポンサーや、熱い言葉で後押ししてくれ、今はマネジメントしてくれているCooperstownなど、社会的な道を開いてくれた人たち。

今まで、いろいろな方がサポートしてくれたおかげで今のぼくがいる。まだまだやりたいことはたくさんあるから、「もう何にもいりません」とは言わないけど、少なくとも「自分だけ」はもうお腹いっぱい。

――一人勝ちはしない。

自分ひとりだけがいい思いをするのはぼくの性に合わない。自分がたまたま、プロゲーマーという道を用意してもらったから、こうやってお話ししたり、『勝負論 ウメハラの流儀』(小学館新書)や『1日ひとつだけ強くなる』(KADOKAWA/中経出版)として、書籍でもメッセージを届けたりすることもできているわけです。なので、多くの人に活かされてきた自分の役割もまた、「人を活かす」ことだと思っています。

「勉強ができる、足が速い」以外にも、世の中にはもっとたくさんの価値観があるんじゃないか。「今」という時間軸だけで、自分の特技を社会に活かすことを諦める必要は無いんじゃないか。そうしたメッセージを、プレーや講演活動などを通して発信することが、プロゲーマーである自分の、「今」一番の感心ごとであり、戦いであり、進み続ける原動力になっています。

(インタビュー・文/沖中幸太郎)

アルファポリスビジネスの関連記事
自分の意図が、部下に全く伝わらない場合の対処法とは?
大來尚順 訳せない日本語 日本人の言葉と心「敷居が高い」
いかにして「唯一無二の妥協なき靴づくり」は支持されていったのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。