梅原大吾「勝ち続けるプロゲーマー」が誓う掟

すべてのきっかけと動機は「人」だった

また、明確な期限はないけれど、人生は有限だからなるべく早くからスタートを切った方がよいということだけは、子どもなりに考えていたんです。親にも先生にも友達にも言えない、早く走りたいのに走れないような、誰にも言えないモヤモヤした時期でしたね。

――しかも、自分の走るコースがどこにあるのかすら、わからない。

未来の「世界一」になる人間は、もうすでに自分の道を走っているはずで、自分の方はまだ何にも打ち込めてない、と無駄に焦ってました。そういうモヤモヤの中で、自分の感性にぴたりと当てはまったのが、対戦格闘ゲーム『ストリートファイターⅡ』だったんです。

その世界観に惚れ込んで、それから飽きることなくなく毎日毎日、正月以外はゲームセンターに通う日々が始まりました。ガキのころは、台風でもびしょびしょになりながら通い詰めてました。「ゲームのためだったらたいしたことない」と、ちょっとおかしいくらいハマっていましたね(笑)。

でも実は、このときの心境は、「世界一への道が見つかった」ではなく(子供ながらにもまさか“遊び”のゲームで食っていけるとは思っていなかったので)、親父の言う「世界一」の存在とは、何か違うと思っていました。

――一方で、日本一の後は世界一と、着実にタイトルを獲り続けていくわけですが。

ゲームがただの遊びとして見られていたなか、17歳で世界一になった時も、「親父が言っていた世界一」って、このことじゃないよな、と優勝して嬉しい気持ち反面、どこか冷静に考えていました。親父からは、ゲームに関して、干渉されることは一切ありませんでしたが、同時に褒められることもなかったんです。

世界一を獲って「やっぱりこれは何か別の道を探さなきゃ」と、いよいよ本気で考えはじめましたね。

トッププレイヤーの知られざる苦悩

世界一になってひと区切りついたこともあり、ゲームの他に自分にできることを探しはじめました。ところが、周りを見渡してもゲーム以上に熱中できることが見当たらなかったんです。

何かを極めようとするには、タイムリミットが迫っている。でも、ゲーム以外に向かうべき道が見つからない。ダブルの焦り。毎日、焦ってばかりで気分も最悪でした。ゲームばかりで、何ひとつ社会で役立つことは身につけずにきてしまったので、このままでは「ヤバいんじゃないか」という自覚はありました。それで、2004年カリフォルニアで開催された格闘ゲームの世界大会『Evo2004 ストリートファイターIII 3rd』を境に、もうゲームからは足を洗おうと決めたんです。

――ラストの試合は、のちに動画投稿サイトで2000万回以上再生され、「背水の逆転劇」として話題になりました。

そのプレー動画のことは全然知らなくて、数年たって人づてに知ったんです。とにかく自分の気持ちは、次に進みたいということだけだったので、後のことは気にも留めていなかったんです。ちょうどアルバイト先の飲食店で、同い年の同僚3人が大学卒業と就職で辞めていったのも、自分が次へと進む決心を後押ししてくれました。

次ページ「勝負」とは無縁の、介護の仕事に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT