大企業の若手はなぜベンチャーに憧れるのか

企業横断の勉強・交流会が狙う閉塞感の打破

大企業の若手社員に募る閉塞感とは?

パナソニック、NTTグループ、富士ゼロックス――。日本を代表する大企業で働く若手社員の間でちょっとしたムーブメントが起こっている。One JAPAN。各社の社内勉強会・交流会をネットワーク化した取り組みだ。2016年9月に発足。当初は約30社が集まっていたが、現在はさらに15社が参加した。イベントの参加者の平均年齢は32歳だ。

One JAPANの発足の目的は、組織を超えたオープン・イノベーションを起こすことである。彼らはこれからの取り組み事項として、次の5つを上げている。①事業創造、②働き方の改革、③ネットワークを活かした調査の実施、④セクターを超えた交流、⑤各社の組織変革。若手社員の現場視点と柔軟な視点、さらには組織を超えてつながる力で実践・提言していこうという取り組みだ。取り組もうとしている内容は、まるで内閣府や経団連かのようなテーマである。

同世代の大きな仕事、スピード感がうらやましい?

なぜ、このような取り組みが始まったのか?そこには大企業の若手社員の危機感、苦悩があった。

私は大企業の底力を確かめたく、ここ数年、意識的に大企業の社員をインタビューすることにしている。各社を代表する社員なので、さすがにデキる風の方だらけなのだが、いつもベンチャーに対する憧れを話し出す。

ベンチャーの経営者や幹部は20〜30代で自分と同い年くらいで、いかにも大きな仕事をしている風に見えるだろう。スピードも速そうだという(少なくともそう見える)。日本を代表する大企業のエース社員がベンチャー企業と、その社員に対して妙なコンプレックスを持っている瞬間が多々あった。

「大企業とベンチャーならどちらを就職先にするべきですか?」

毎年、就活を始めたばかりの学生が聞いてくる無邪気な質問である。さて、あなたならどう答えるだろうか?ぜひ、この記事をシェアする際にコメントしてみて欲しい。

次ページ日本の大企業は本当に「終わった」のか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT