大企業の若手はなぜベンチャーに憧れるのか

企業横断の勉強・交流会が狙う閉塞感の打破

答は簡単ではない。「日本の大企業はもう終わった」などと未来ある学生に熱弁をふるい始めるベンチャー経営者などは、ウケは良いのだろうが不誠実だ。日本の大企業ダメだ論は数十年に渡り展開されている。少なくとも私が就活をしていた90年代半ばにもそんな論はあった。たしかに、その後、経営破たんしたり外資系に買収された企業なども存在するが、全ての大企業が破綻したわけではない。

「大企業は体質が古くて、ベンチャーは風通しが良い」

「大企業は新しい仕事をさせてくれないが、ベンチャーはなんでもやらせてくれる」

「大企業よりベンチャーの方が成長のスピードが早い」

この手の話も一般論として正しそうで、簡単には論じられない。特にメディアや意識の高い就活生は、大企業のことを悪く言いがちだ。社長や社員の顔が見えない、スピードが遅い、組織が硬直している、などである。これもあくまでイメージの話であって、実態は各社によって異なる。逃げているかのような答になるが、「その企業による」というのが正しい答だ。

ベンチャーの良いところばかり見えていないか

特にベンチャー企業は、どのステージに、どのポジションで入るのかにより大きく異なる。上場後も創業に関わった経営陣や部長だらけで「若き老害だらけ」で逆に風通しが悪いということもありえる。何でも自分でやらなくてはならないので、たしかに成長できるが、そのうち自分の成長の速度が企業の成長の速度を追い越してしまうことだってある。

成長を常に期待されるが故に、ビジネスの道から外れたことに手を染めてしまうことだってあるのは、今年報じられたベンチャー不祥事を見ても明らかだろう。DeNAの問題なども記憶に新しい。

このようにベンチャー企業に行けばいいというわけではないのだが、では大企業に行けば良いのかというとそうでもない。正直なところ、自分と自社にもっと自信を持ってもらいたいと思ったりもしたのだが。よく大企業の閉塞感が語られるが、実際はこのようなベンチャー妄想による部分も大きいのではないか。

次ページそして横断的な勉強・交流会が発足した
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT