「大学4年生」の就活、今からでも間に合うか

まだ3割の企業が2017年卒生の採用を継続中

6月にある大学で開催された企業説明会。それから5カ月たち、採用を継続する企業は少なくない (撮影:尾形文繁)

新卒採用の”売り手市場”が続いている。リクルートワークス研究所が発表する大卒求人倍率調査(民間企業の求人数÷民間企業の就職希望者数で算出)は、2011年卒生から2014年卒生までは1.2倍台だったが、2015年卒から急上昇し、2016年卒では1.73倍、2017年卒では1.74と高水準が続いている。企業にとって採りづらい受難の時代、学生にとっては就職しやすい好環境だ。そこでHR総研が11月に実施した2017年新卒採用最新動向調査から実際の状況を探ってみたい。

3割の企業がなお採用継続中

 

企業は採用に苦戦している。採用活動解禁日(今年6月1日)から半年経った11月末時点でも、全体の29%が2017年卒の新卒採用を継続している。この種の調査としては珍しく、企業規模や業種の違いはほとんど出ていない。

企業の活動開始が遅かったわけではない。解禁日以前から活動している企業がほとんどで、昨年から採用活動をスタートさせた企業もかなり多い。この数年の採用活動で重要性が急速に高まったインターンシップも、4割強の企業が実施していた。このように見ていくと個々の取り組みに漏れがあったようには見えない。しかし、約3割の企業は年末が近づいても成果に満足できず、採用活動を続けているのが現実だ。

 

次ページ中小・中堅企業の苦戦が深刻
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。