プリンスホテルに見る、「ホテルマンの仕事」

接客、営業、企画の裏方まですべてこなす

「ホテル会社で働く」というのは実際どんな仕事をするのだろうか。プリンスホテルで働く白須鉱一さんに内情を聞いた (撮影:梅谷秀司)

世に数多く存在するサービス業の中で、ホテル業は最高レベルの接客技術が求められる業界といえるだろう。そのホテル業にどんな人がどんな理由で飛び込んでいくのか。2012年にプリンスホテルに新卒で入社した白須鉱一さんに質問をぶつけてみた。大学では法律学を学んでいたそうで、当初はホテルに就職するつもりはまったくなかったという。

ホテルの現場研修を経て配属

 

「就職活動では金融業界を中心に回っていましたが、どうもしっくりする会社が見つからなかった。そこで自分を見つめ直してそれまでの人生の棚卸しをしてみたんです。すると祖母が福島県の猪苗代湖の近くで旅館業を営んでいて、幼いころから毎年、その旅館に泊まるのを楽しみにしていたのを思い出したんです」と、白須さん。その記憶からホテル業に興味が生まれ、内定、就職という運びになった。

どのホテルでも同じことをしているだろうが、全社員はまずホテルの現場で研修を積み、接客の基本を覚えていく。プリンスホテルの場合、2カ月間にフロントやレストラン、ブライダルなどをはじめ、さまざまな部署を回り、どんなサービスが行われているか、よい接客をするにはどうすればいいかを実地で学んでいくという。

次ページ最初に希望した仕事とは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。