プリンスホテルに見る、「ホテルマンの仕事」

接客、営業、企画の裏方まですべてこなす

「ホテル会社で働く」というのは実際どんな仕事をするのだろうか。プリンスホテルで働く白須鉱一さんに内情を聞いた (撮影:梅谷秀司)

世に数多く存在するサービス業の中で、ホテル業は最高レベルの接客技術が求められる業界といえるだろう。そのホテル業にどんな人がどんな理由で飛び込んでいくのか。2012年にプリンスホテルに新卒で入社した白須鉱一さんに質問をぶつけてみた。大学では法律学を学んでいたそうで、当初はホテルに就職するつもりはまったくなかったという。

ホテルの現場研修を経て配属

 

「就職活動では金融業界を中心に回っていましたが、どうもしっくりする会社が見つからなかった。そこで自分を見つめ直してそれまでの人生の棚卸しをしてみたんです。すると祖母が福島県の猪苗代湖の近くで旅館業を営んでいて、幼いころから毎年、その旅館に泊まるのを楽しみにしていたのを思い出したんです」と、白須さん。その記憶からホテル業に興味が生まれ、内定、就職という運びになった。

どのホテルでも同じことをしているだろうが、全社員はまずホテルの現場で研修を積み、接客の基本を覚えていく。プリンスホテルの場合、2カ月間にフロントやレストラン、ブライダルなどをはじめ、さまざまな部署を回り、どんなサービスが行われているか、よい接客をするにはどうすればいいかを実地で学んでいくという。

次ページ最初に希望した仕事とは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT