厳しすぎる「教育困難校」生徒の高卒就活事情

希望を諦めさせることも、教師の仕事になる

そんな高校生たちでも、曲がりなりにも就職試験の舞台に上がれるように、あらゆる面から教師は指導をしていく。商業・工業・農業などの専門高校は「教育困難校」同様、就職希望者が多いが、そこの生徒たちは高校進学の際にすでに働くことを意識している。そのうえ、高校では「その分野で働くこと」の基礎を学んでいるし、インターンシップや学校行事などを通じて、働いている人と接触する機会も多い。だから、「教育困難校」よりもずっと指導は楽だ。

これに対して、教育困難校では、まず「働くこと」のイメージを、漠然とでも持たせることから始める必要がある。今どきの高校生はバイトをしているから、「働くこと」のイメージは持っているはずと思う人も多いだろう。しかし、「教育困難校」に通う生徒の第2タイプ、つまり「無気力系」の生徒たち〔各類型の詳細については「教育困難校には、どんな生徒がきているのか」を参照〕は、バイトすることを考えもせずに高校生活を送り、親や周囲の人に言われてひっそりと「就職希望」と言ってくることが多い。

また、第3のタイプ、「コミュ障系」の生徒たちのバイト実施率も、決して高くない。高校生のバイト先の大半は接客業であり、コミュニケーション力に自信のない彼らは、面接に落ちてしまうからだ。採用されるバイトは、バックヤード作業や、商品の出し入れなどに限定される。一方、第1の「ヤンキー系」はバイト実施率が高いが、大抵は先輩の紹介で決まったバイトをしている。いずれにせよ、「働くこと」の全体像が少しでもわかるような体験はほとんどしていない。

高校生の就職活動

読者の方々はご存じだと思うが、高校生の就職活動は、大学生や専門学校生とまったく異なる。生徒が未成年なので、学校がハローワークから業務を委託され、学校を通して関係書類や事務連絡をやり取りする。高校3年生の就職活動は、毎年9月初旬に書類の送付、中旬に採用試験が行われ、1回目の試験は1社しか受けられないのが、このところの慣習だ。

このスケジュールに合わせて、高校3年の春から準備が行われ、7月になると求人票開示、会社見学、履歴書指導、面接指導といった活動が本格化する。だが、この流れについてこられる生徒は、就職希望者の半数に満たない。「どうせ、この学校の生徒なんか就職できない」とか「教師にいろいろ言われるの、めんどくせー」と思い、まったく動かない生徒が多いのだ。第2タイプ(「無気力系」)の生徒の中には、周囲の動きにまったく関心を持てない生徒もいる。

そんな状況の中で、教師は就職活動に何とかついてくる生徒の指導に奮戦する。もちろん、求人票の見方や、面接の基礎動作などは2年生から指導しているが、高校生には就職活動の大変さが実感できない。直前にならないと真剣になれないのは、人間の常である。再度、最初から指導を繰り返すしかない。

次ページ高卒生の内定率が上がっていると報道されているが…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT