教育困難校の「英語の授業」で見た悲惨な現実

アルファベットも書けない生徒が大量に存在

アルファベットも書けない生徒がいる「教育困難校」では、英語をどのように教えているのか(写真 :msv / PIXTA)
 「教育困難校」という言葉をご存じだろうか。さまざまな背景や問題を抱えた子どもが集まり、教育活動が成立しない高校のことだ。
大学受験は社会の関心を集めるものの、高校受験は、人生にとっての意味の大きさに反して、あまり注目されていない。しかし、この高校受験こそ、実は人生前半の最大の分岐点という意味を持つものである。
高校という学校段階は、子どものもつ学力、家庭環境等の「格差」が改善される場ではなく、加速される場になってしまっているというのが現実だ。本連載では、「教育困難校」の実態について、現場での経験を踏まえ、お伝えしていく。

先天的な学習障害の疑いもある

「教育困難校」には、アルファベットをまともに書けない生徒が相当数存在する。特に、bとd、mとn、qとgなど、似た文字を書き分けられない生徒が多い。また、高校生になっているのに、曜日の英単語すら覚えていない。中でも若干区別が難しい火曜(Tuesday)、水曜(Wednesday)、木曜(Thursday)がわからない生徒は、ざらにいる。

これらの生徒は、勉強を怠けてきたという理由ではなく、先天的な学習障害を持ちながら、高校生になるまで気づかれず、何も訓練を受けてこなかったからできない者が、ほとんどのようだ。さらに、英語の語句と語句の間のスペースがまったく意識できず、アルファベットの文字列をどこで区切るのかが理解できない生徒もいる。これも視覚障害や学習障害に起因する混乱であろうと考えられる。

もっと小さい頃に、学習面での子どもの困りごとに保護者や周囲が気づき、専門機関で障害の有無を確認し、治療や訓練を受ける等すれば、高校までにそれなりの能力向上が期待できたはずだ。気の毒に思いながらも、半ばあきらめの境地で、教師はまったく英語を理解できていない生徒の指導にあたっているのが現状である。

次ページ辞書を学校で用意する理由は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。