問答無用!「40代で女子」はタブーじゃない

40代女性誌NO.1『GLOW』編集長に聞く

ユニクロやZARAが支持されるのは、単に価格面だけではなくて、今どきのデザインで、サイズ展開が広いから。今どきの服をそのまま着たいんですよ。

それから、どこで服を買ったらいいのかわからない、という悩みがあります。デパートの40代向けと思われる売り場には、欲しい服がないんです。実際の消費者より、10歳ぐらい上の人をイメージして作られているんじゃないか、というくらい、求められているものと差がある気がします。デザインも色も、急に好みが変わるわけではないのに。

一方で、美容に関する悩みは、30代までとは全然違います。30代のときには、ちょっと目じりのしわが……というくらいだったのが、40代になると、シミとか、たるみとか、もっと目に見えて明確になってくるんですね。

あとはヘアケア。40代になると、白髪の悩みがぐんと増えます。肌よりも、髪が印象年齢を決めるので、『GLOW』読者の関心はかなり高い。老眼、更年期なども新しく出てくる悩みですね。

――40代、いろいろあるわけですね。ただ、誌面を見て感じるのは、取り上げ方があまりドンヨリしないというか。そこは工夫されているのでしょうね。

とても気をつけている点ですね。創刊時から一貫して「ポジティブ美容」と言っています。きちんとケアしないと大変なことになるわよ!などと脅かしたりはしません。

「アンチエイジング」という言葉も意識的に避けてきました。そこはあえて「ハッピー・エイジング」とか、「エイジング・ケア」と言ってきましたが、今は「レッツ・エイジング」です。

――「レッツ・エイジング」!? それはまたすごい(笑)。

もう自信を持って、年齢を重ねていきましょう!という感覚です。辛酸なめ子さんがキャラクターと一緒に提案して下さいました。ひとつは「ほうれいニャン」。あと、「デコしわん」もいますよ(笑)。

辛酸なめ子氏デザイン、おでこにガッツリしわが入ったキャラクター「でこしわん」

――これはもう、すがすがしいですね。キャラクターはもちろんのこと、こうやって正面から取り上げる企画は、ほかの雑誌ではあまり見ません。

ほうれい線も白髪も老眼も、これまでは「触れちゃいけないもの」「あってはならないもの」という感覚だったのではないでしょうか。たとえば、美容院に行くと、白髪のことをグレーと言ったりします。つまり「白髪」と言ってはいけないと。でも、そうやってはれ物に触るように扱われると、本人は余計傷つくんです。

次ページウエストはゴムのズボンがいい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT