問答無用!「40代で女子」はタブーじゃない

40代女性誌NO.1『GLOW』編集長に聞く

40代女子を、もっと研究してほしい

――「自分なら使わないよな」と、ターゲットと同じ年代の女性社員が思っているのに、どうしてそういう商品が世の中に出続けるのでしょう。

決定権を持っている方々が、わかっていないからじゃないでしょうか。やっぱり、どこも動きが遅いですよね。そこにはまだ、「40代女子」に対して、いまだに「歳を食った女」という悪いイメージが残っていると感じます。実は、いちばんいいお客さんなのに。

百貨店にとっても、40代はいちばんおカネを使ってくれる世代。そういうふうに百貨店の皆さんもおっしゃっている。「じゃあもっと、その世代が喜んでくれる売り場にすればいいのでは」って言ったら、ちょっと前までは「うーん」となっていました。「売り場には若い女の子たちがいたほうが、感じがいいでしょう?」みたいな。

40代の人間からすれば、自分より若い子がたくさんいる服の売り場で試着したときに、店員さんに「あ、お姉さん、まだ全然いけますよ」とか言われたら、カチンときますよね(笑)。化粧品売り場で若い美容部員さんに「私もこれ使っていて、こんな感じにキレイになるんです」って言われたって、「そりゃそうだよ、あんたは若いんだから!」ってなるし。

――確かに(笑)。

これは、決して快適に買い物できる環境じゃないですよ。百貨店に限らず、女性の消費を盛り上げるには、もっとやれることがあるはずです。たとえばフィットネスクラブとか、寝台特急での旅行とか、あるいは人間ドックも、男女同一のプランしかありませんよ、ということが一般的ですよね。

――考えてみると、雑すぎますね。

そんなに複雑なことではないはずです。女性はどうしたら喜ぶとか、どうしたら気分よくいられるか。40代女子を新人類だと思って、きちんと研究してほしい。「歳食ってるのに女子とか言ってんじゃねえよ」と悪態をつく前に、ぜひ(笑)。

昔の40代は、家事や子育てに追われ、おカネを自分に使うつもりはありません、という状況だったかもしれないけれど、今は全然違います。家具、家電といった買い物の決定権を持つのも女性だし、自分で働いて、自分のために使うおカネも持っている。40代女性へ対するイメージも、どんどん良くなっています。そうした現実を、きちんとフィールドワークしてほしいと思います。

――『GLOW』は40代向けの雑誌ですが、今後たとえば50代などもっと上の年齢層まで読者を広げていくといったような、野望はありますか?

「40代女子」の生活が充実していけば、おのずから50代、60代につながるでしょうね。私は80代も女子だと思っているので、いくつになっても女子が自分の好きなことを追求できる、もっと生きやすく、楽しく過ごせる環境を、雑誌を通じて作っていければと思います。

(撮影:今井康一)

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT