”こだわりすぎない”ベーグル屋の堅実戦略

「派手さはないけど、実がある」商売

毎日でも食べたいベーグルにようやく巡り合った気がする。僕はベーグルにありがちな過剰なモチモチ感やのどが渇く感じが、ちょっと苦手だった。年に1回ぐらい外食で口にすれば十分、という食べ物だ。

しかし、「COFFEE&BAGEL KINO」(愛知県西尾市吉良町)のベーグルを2口ぐらい食べたとき、「ああ、自分はこういうのを求めていたんだな」と気づかされた。プレーンベーグルはしっかりとした食感があって小麦の風味も強いのに、なぜか食べ疲れない。軽いのに中身はもっちり。不思議だ。

トマト&ペッパーベーグルがまたすばらしい。ドライトマトの凝縮したうま味と黒胡椒の香りがベーグルに溶け込んでいて、かじりながらビールやワインを飲みたくなる。

パッケージやコピーのセンスもよく(コーヒーの名前は「あのね」と「赤い電車」)、値段も高すぎないので贈り物にも手頃だ。ベーグルマニアぎみな東京の女友達に送ってみたら、「人生で3番目ぐらいにうれしいプレゼント」だと絶賛され、僕の株はアベノミクス効果並みに急上昇した。

このお得なベーグルを作っているのは牧野泰子さん(34歳)。以前は西尾市内でカフェを経営していたが、今年からは実家の敷地内に工房を設けて通販のみで営業している。スタッフは妹の祥子さん(32歳)のみ。ベーグルのおいしさでだけなく、彼女たちの働き方にも興味が出てくる。工房に遊びに行くことにした。

工房内の販売スペースで読書中の牧野さん。「小さい頃から本好きで、図書館を利用しまくっていました」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT