「住みよさランキング2013」東日本編

山形、茨城、福井、愛知・・・、偏り目立つ域内順位

日進市など愛知県の都市が上位に数多く食い込んだ(撮影:大澤誠)

「住みよさランキング2013」を地域ブロック別にみてみよう。今回は東日本編。「北海道・東北」「関東」「甲信越・中部・北陸」の各ブロックごとに、上位20都市をランキングした。

「北海道・東北」は名取が3回連続トップ。東根も連続2位

まず「北海道・東北」では名取市(宮城)が2010年、前回に引き続き、3回連続で1位となった。これに続く東根市(山形)も前回に引き続き2位の座を守った。3位の大仙市(秋田)は前回4位から順位を1つ上げ、4位の本宮市(福島)との間で、順位が入れ替わった。

名取市は、仙台市のベッドタウンとして人口流入、住宅建設が続いているうえ、「イオンモール名取エアリ」を筆頭に大型商業施設が立地していることもあり、「利便度」では10位、「快適度」も東日本大震災の影響から「転入・転出人口比率」が若干低下したものの、それでも11位と全国トップクラスにある。また、サクランボ生産日本一の東根市は、工業団地の造成などを進めた結果、人口が流入し、出生数も増加したことが順位の上昇につながったとみられる。なおトップ10には、東根市を含め山形県内の4都市がランクインしている。

次ページ関東不動のトップ4は?
ランキングの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT