「住みよさランキング2013」西日本編

「近畿」でトップ交代、芦屋に代わり草津が首位へ

草津が近畿圏のトップにランクアップした(写真:読売新聞/アフロ)

地域ブロック別のランキングでは、6ブロックのうち「近畿」エリアのみトップの順位の変動が見られた。

「近畿」は芦屋(兵庫)にかわり、草津(滋賀)が1位に

1位は草津市(滋賀)で昨年の5位からのランクアップで、昨年1位の芦屋市(兵庫)は2位に後退した。草津市は、電機などの工場が多数立地する工業都市であることに加え、京阪神圏のベッドタウンとして人口の増加が続いている。「転入・転出人口比率」や「住宅着工戸数」では全国トップクラスであり、「快適度」で4位、人口増に伴う商業集積の充実から「利便度」でも14位と2つのカテゴリーでの高い評価が寄与している。

また3位には、箕面市(大阪)が前回7位から順位を上げた。箕面森町のニュータウン開発などで人口転入が増え、「快適度」は18位まで上昇したことが主因。大阪市の20%通勤圏に該当するため、商業関係の指標は大阪市のデータを採用しており、「利便度」でも30位と上位にあることも寄与している。

次ページ中国・四国で4回連続トップは?
ランキングの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT