「住みよさランキング2013」西日本編 「近畿」でトップ交代、芦屋に代わり草津が首位へ

印刷
A
A

「九州・沖縄」は鳥栖(佐賀)が5回連続トップ

「九州・沖縄」で5回連続トップの座を維持している鳥栖市(佐賀)は、佐賀市のほか、同じ福岡県内の久留米市や大牟田市などよりも福岡市内に近く交通の要衝であることから、人口流入や住宅着工の増加が続き、「快適度」は全国10位とトップクラスに位置している。アウトレットモールが所在することもあり「利便度」も上位にあるうえ、久光製薬本社やブリヂストンなど多くの工場が立地し税収も相対的に多いため、「富裕度」はこのエリアでは福岡市に次ぐ順位となっている。

3位の福津市は、このエリア内での順位は前回5位だったが、総合順位で見ると150位から75位へと大きく上昇している。2012年4月に「イオンモール福津」が開業し、「利便度」順位が162位から79位へ、また転入者の増加で「快適度」順位が136位から63位へ、それぞれアップしたことが要因だ。

次ページ都道府県別トップ3
ランキングの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT